ドッグカフェ「月うさぎ」は愛犬家の楽園。看板ワンコたちに癒される/燕市


2021年03月19日 3130ビュー
こんにちは、三条市在住ライターの渡辺まりこです。
 
自粛生活でおうち時間が増えていますが、みなさんは何を癒しに日々を過ごしていますか?
 
実はここ最近、生活に癒しをプラスしたいと、ペットを飼う人が急増しているそうです。それに伴ってか、新潟県内にもペットと一緒に楽しめるお店が少しずつ増えてきています。
 
今回は、燕市で見つけたドッグカフェに潜入してきました。いったいどんなお店なのでしょうか?

田園風景の中に佇むドッグカフェ

燕三条駅から車で約4分、周囲を田んぼに囲まれた場所にあるのがドッグカフェ&ラン「月うさぎ」です。
 
飲食ができるカフェ、ワンちゃんが自由に走り回れるドッグラン、シャンプーやホテルなどのサービスがある複合施設という、この辺りではちょっと珍しいお店といえます。
 
県央エリアには、ペットと一緒に入店できる飲食店やトリミングサロンはあっても、このような複合施設はほかにはなく、愛犬家たちの交流の場としても重宝されているそうです。
お店を営むのは、犬好きご夫婦の佐藤光次さんと美也子さん。自宅ではウサギやインコも飼っているとのことで、動物愛にあふれています。
 
お店はワンちゃんたちでにぎやかで、どの子も元気いっぱい!看板犬のワンちゃんを紹介してもらいました。
美しい毛並みのこちらは、ミニチュアダックスフンドの寿寿(すず)ちゃん。おとなしくて人見知りをしないのんびり屋さんです。
愛くるしい瞳がアイドル並みにキュートなヨークシャーテリアの明明(めめ)ちゃん。仕草がかわいらしく癒されます。
こちらは、常連のお客さんから預かり中のワンコたちで、左はチワワのもこちゃん、右はチワワのアルちゃん。すばしっこくて元気に走り回っています。
ヨークシャーテリアのカフェ君は、年を重ねたおじいちゃん。1日のほとんどを寝て過ごしているそうです。
 
ところで、なぜドッグカフェなのに店名が「月うさぎ」なのでしょうか?
 
気になっていた質問をしてみると
 
「うーん、インスピレーションで決めたんだよね。うさぎって“か弱い”イメージでしょ。だから、そんな存在を守りたいって気持ちがあったからかな」
 
こう答えるご夫婦。
 
実は、歴代で飼ってきたワンコたちはすべて保護施設から里親として引き取ったそう。どの子もまるで本当の子どものようにかわいいと言います。
 
一匹一匹を手塩にかけて育てる愛しさを知っているからこそ、飼い主にもワンコたちにも最高のひとときを過ごしてほしい――そんな想いでお店が生まれ、10年間営業を続けてきたのだそうです。

奥様お手製のお料理がいただけるカフェ

ワンちゃんも一緒に入りやすいようにと座席間隔を広くして設置したカフェスペースでは、奥様お手製の料理がいただけます。
日替わりのワンプレートランチは税込・850円。この日はトンカツをメインに、季節野菜をたっぷり使った副菜付き。さらにスープやミニデザートも付いてこの価格はリーズナブルです。
お店定番のピリ辛コンニャク(税込・50円)はじっくり煮込むことで醤油味が染みていて、何本でも食べたくなってしまうおいしさ!
 
(※取材時はドリンク提供のみで、料理提供はお休み中。2021年夏頃に再開予定。)
カフェの隣にはテラス席も用意されています。ワンちゃんがのびのび遊びまわる様子を眺めながら、ゆっくり食事ができるのは嬉しいですよね。
敷地内にある約100坪のドッグランにもご注目を!田園風景が広がる開放的な空間に、ワンちゃんたちもおもわずテンションが上がってしまうはず。
ワンちゃんたちにとって、リードを外して思いっきり走れる機会はあまりないからか、みんな嬉しそうで生き生きとしています。
 
ドッグランは日常の運動不足を解消するだけでなく、他のワンちゃんたちと交流する社会性を学ぶ場でもあるそうです。
 
こちらでは、税込・500円で3年間会員になることができ、1回税込・300円でドッグランを利用することができます(会員にはならず、ビジター料金として税込・600円での利用も可)。
 
特に週末の利用が多く、飼い主さん同士での交流が生まれ、いわゆる「犬友(いぬとも)」の輪が自然と広がることから、犬仲間がほしくて来店する方も少なくないそうです。

極上のリラックス体験をリーズナブルに提供

トリミングやシャンプーをする専門のお部屋では、ワンちゃんたちがリラクゼーションできるサービスも用意されています。
 
こちらのハーブバスは、お湯に自家栽培ハーブを数種類浮かべた贅沢なお風呂。無料のセルフサービスで利用できるとあって大人気!ハーブにはリラックス効果があるので、ワンちゃんたちも癒されるのかとても気持ちよさそう♪
 
有料サービスでは、ワンちゃんたちの健康と安全面に配慮した、からだにやさしいケアが充実しています。
 
無添加せっけんシャンプーやマイナスイオン水素温浴、イオンセラミックパウダー含有の歯磨きなど、体も心もピカピカになりそうなスペシャルなメニューぞろい!
 
ワンちゃんにも飼い主さんにも満足してほしいと「喜ばれるサービスをできるだけ低料金で提供」がご主人のこだわりだといいます。

ワンコの体にやさしいアイテムを販売

店内には、ワンちゃんの体にやさしいお世話グッズもたくさん販売されています。
 
パラコード製リードは、奥様の手づくり。軽くて丈夫なので、ワンちゃんにも飼い主にも負担をかけません。豊富なカラーバリエーションがあるので、きっとお気に入りが見つかるはず。
還元力の高いアルカリイオン水をつくるセラミックは、ワンちゃんの普段のお水をより体にいいものを取り入れてほしいとの想いから販売しているそう。
グレイン(穀物)フリーのドッグフードは、チキンハーブ味やラムミント味など、おいしそうなフレーバーをラインナップ。
休日には、自家製ササミジャーキーやサツマイモなど、試食用おやつの無料プレゼントもあり。もちろん無添加なので体にやさしいのが嬉しいですよね。
 
さらに、奥様お手製の犬用肉ケーキを購入することもできます(要予約。取材時は販売休止中で、再開は2021年夏頃の予定)。
 
お肉と卵を混ぜた土台に、水切りヨーグルトを塗って、果物をトッピングしたワンコ用ケーキは目にも華やか!スポンジ土台やマッシュポテトクリームにも対応できるそうなので、詳細は電話で問い合わせを。
「月うさぎ」のサービスは今回ご紹介した以外にも、一時預かり、ホテル、しつけ教室、保育園など、ワンコに関わるさまざまなメニューを用意しています。
 
犬好きが集えるイベント開催も積極的で、「春のオフ会わんパーティー」や「夏のバーベキュー」などで、ワンコや飼い主が交流する場もつくってきました(今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため開催は未定)。
 
家族同様に大切なワンちゃんだから、一緒に楽しい時間を過ごしたい――そんな想いをもつ愛犬家にとって、「月うさぎ」は最高のパラダイス空間だといえます。
 
ぜひ最愛のワンちゃんを連れて、遊びに行ってみてくださいね!
ドッグカフェ&ラン 月うさぎ

ドッグカフェ&ラン 月うさぎ

住所:新潟県燕市八王寺2542
電話:0256-46-8651
営業時間:(水~金曜)10:30~18:30、(土・日曜・祝日)10 :30~20:00
定休日:月・火曜
HP:https://dogkaferuntukiusagi.p-kit.com/

この記事を書いた人
渡辺まりこ

新潟県三条市在住のフリーライター。主人が“金物のまち”を代表する職業の包丁職人ということから、地場産品に興味が芽生え、ローカルのおもしろさを日々発信中。 これまでの執筆実績はブログで紹介しています。http://www.watanabemariko.com/