人気の新潟みやげを調査! 上越妙高駅/前編【お菓子部門】(上越市)


2021年10月20日 1824ビュー
秋の観光シーズン真っただ中。
ウイルス禍ではありますが、感染症対策を取りながら近場の観光を楽しまれている方もいらっしゃると思います。

今回は、上越妙高駅にあるおみやげ屋さんで人気の新潟みやげを調査してきました!

上越妙高駅とは

上越市にある、北陸新幹線の駅の一つ。
2015年の長野―金沢間の開通で誕生した、新たな旅の玄関口です。
 
直江津方面へはJR、妙高や糸魚川方面へはえちごトキめき鉄道が接続しています。
佐渡汽船の直江津―小木航路があり、佐渡観光の経由地の一つでもあります。
東口には上越ゆかりの武将・上杉謙信公像も建っています。

上越のおみやげ調査に、いざ出陣じゃ~!

ということで、
 今回おじゃましたのは、上越妙高駅のSAKURAプラザ内にある「さくら百嘉店(ひゃっかてん)」さん。
SAKURAプラザには、おみやげ処の他にも、飲食コーナーや弁当屋さん、観光案内所などがあります。

ご案内いただいたのは、さくら百嘉店の池亀杏奈さんです。
さて、池亀さんが手に持っているものは何でしょう???
→答えは後ほど!

今回は、「お菓子部門」とそれ以外の「食品部門」の人気商品ベスト5と、注目の商品を教えていただきました。
 
前編となる今回は「お菓子部門」をご紹介!
 

第1位 笹だんご

不動の人気を誇る笹だんごが堂々の第1位。
キング・オブ・新潟みやげですね!
 
新潟県内各地のみやげ処では、笹だんごが人気ナンバー1というお話はよく耳にしますが、やはりこちらでも…笹だんごの実力、恐るべし!
 
さくら百嘉店では、直江津に本店を構えるくさのや(上越市中央)製の笹団子を販売しています。
くさのやは明治創業、直江津に本店を構えるお店。
価格は5個入756円、10個入1,512円 など(いずれも税込)。
 
中でも注目は、2個入りの「旅とも 笹だんご」(384円/税込)。
さきほど池亀さんが手に持っていらっしゃったものは、これです!!
これは旅の道中でちょっと食べることもできるし、プチみやげにもなるので、いいですね!

ちなみに、「旅とも」とはさくら百嘉店オリジナル商品のシリーズ名ですが、そのご紹介は後ほど…

第2位 サンドパン

上越市にある小竹製菓の名物パンが堂々のランクイン!
小竹製菓は、大正13年(1924年)創業の老舗パン屋さん。サンドパンは地元に長く親しまれているパンです。
昔ながらのパッケージがそそります!
 
コッペパンにミルククリームがサンドされた、懐かしく・優しい味わい。
見た目は素朴ですが、生地には食品添加物(イーストフード)不使用というこだわりも詰まっているんですよ。
 
上越エリアでしか買えないご当地パンです。
価格は1個141円(税込)です。

第3位 翁飴(おきなあめ)

上越には歴史のある飴屋さんがいくつかあります。

こちらは高橋孫左衛門商店の商品。
翁飴」は水飴(米飴)に寒天を加えて固めたもので、歴代の高田藩主にも愛された伝統の和菓子です。
飴なんですが、一般的な飴とは全く違います。
弾力があって歯切れもよく、優しい甘さが特徴です。

中身はきれいな透明なんですよ。
 
価格は袋入りの8個入が540円(税込)、箱入りの12個入が886円(税込)
 
実は…私はこれが大好物で、上越におじゃました際には、ほぼ必ず購入しています♪

第4位 笹だんごパン

2位でご紹介した「サンドパン」と同じ、小竹製菓の人気商品がランクイン!
昔ながらの名物パンに次ぐ、小竹製菓の新たな看板商品。

かわいいパッケージで人気に火がついて、一時は購入困難になったこともある話題のパンです。
ちなみに、お店に入荷するとすぐに売れてしまうというそうで、即完ナンバー1です!
(だいたい昼前後に入荷することが多いそうです)
 
新潟県産コシヒカリの米粉で作ったパン生地の中には、笹団子が丸ごと1個入っています!
インパクト狙いの商品と思うことなかれ、これがうまい!

米粉を使っているから笹団子と合うのかな~?
パンの周りにまぶしてあるのは、きな粉です。う~ん、和風。
 
1個195円(税込)
※人気商品につき、お1人様2個まで

第5位 桜(はな)びらサブレ

上越の花といえば、やっぱり桜!
高田城址公園の桜は「日本三大夜桜」の一つといわれていますからね~。

桜の花びらの形をしたサブレは、大正末期創業の笹川菓子店の看板商品です。
上越は城下町だけあって、歴史のあるお店が多いですね。

厚みのあるサブレは、ザクザクと口の中でほぐれる食感。
中央に載っている桜の塩漬けがいいアクセントになっています。
口解けもいいですね~♪

女性客からの人気が高いそうです。
ということは、これは女性にあげれば喜ばれること間違いなし?!

価格は5枚入 540円、10枚入り1,210円(いずれも税込)
10枚入りは愛らしいパッケージ。

オリジナル商品も充実!


さくら百嘉店ではオリジナルのおみやげも充実しています。
 
その1「春嘉秋冬クッキー
8枚入り 各400円(税込)
地元の洋菓子店とコラボレーションした商品で、「笹団子」や「地酒の酒粕」などの新潟らしい味をはじめ、「干し柿と薩摩芋」や「雪下人参と南瓜」など、上越の四季をイメージした味などさまざまな味があります。

透明なキューブ型のケースに入っていて、それぞれの味をイメージしたシールも素敵。
 
「詰め合わせはギフトとしても人気なんですよ」と池亀さん。
 

その2「旅とも」シリーズ
1袋206円(税込)~ ※種類によって

こちらは地元の珍味メーカーとのコラボレーション。
新幹線や列車の車内などで楽しめる、通常よりやや少量のおつまみたち。
最初にご紹介した笹だんごもこのシリーズの一派です。

パッケージには、日本酒やビールやワインのマークが描かれています。
「旅のお供」であり「酒のお供」でもあるということですね!

しかも、日本酒のイラストのおつまみは日本酒に合いそうだし、ビールのイラストはビールに…何とも分かりやすい! 

こちらが「旅とも」の専用コーナー。
かんずりさきか」や「干しホタルイカ」、「ドライぶどう」などお酒に合いそうなものがずらり!
ドライぶどうには、ワイン用ぶどうの「マスカット・ベーリーA」を使うなんて、上越ならではですね。(上越市には岩の原葡萄園があります)
 
ドライいちじく」や「燻製はらみチップ」など、ワインやビールに合いそうな商品も種類が多くて迷ってしまいますが、少量なので買いすぎても大丈夫!(笑)

 
他にもさくら百嘉店には、「出陣餅」や「継続だんご」など上越地域の銘菓をはじめ、県内の米菓なども所狭しと並んでいます。

今回は、上越妙高駅で人気のおみやげをご紹介しました。

前編の「お菓子部門」はここまで。
後編「食品部門」も近日公開しますので、お楽しみに!
さくら百嘉店 上越妙高駅店

さくら百嘉店 上越妙高駅店

所在地/新潟県上越市大和2-1-1 上越妙高駅 SAKURAプラザ内
TEL/025-520-9758
営業時間/※コロナ禍のため、当面の間時短営業中
     平日9:30〜18:00、土・日・祝9:30~18:30
年中無休

※上越観光物産センター店(上越市藤野新田)もあります。

さくら百嘉店 上越妙高駅店

この記事を書いた人
ケバブー阿部

長岡生まれ新潟育ち。 ​
郷土料理からラーメン、地酒やスイーツまで新潟の食を広く愛するフォトライター。