冬の風物詩!醗酵調味料「かんずり」の雪さらしを見てきた/妙高市


2019年02月06日 207ビュー
こんにちは。とも です。

みなさん「かんずり」をご存じですか?
かんずりとは、とうがらし、海の塩、柚子、糀を原材料に作られる発酵調味料。
鍋のタレ、焼き肉、きんぴら炒め、ラーメンなどにちょっとプラスするだけで味を引き立てるので、さまざまな料理店でも使われているんですよ。

万能調味料とも言える”かんずり”は、製造の過程で「雪さらし」を行います。

そもそもなぜ雪にさらすかといいますと…

雪には原材料のとうがらしのアクを吸い取り、塩抜き効果と甘味を増す効果 があるそうです。
3~4日さらすことで辛みがマイルドになって深みが増すのだとか。

雪さんまじぱねぇ!!Σ(゚д゚lll)

ってな訳で、雪さらしが今年も始まったのでお邪魔してきました!
雪さらしの場所は妙高市新井地区。
かんずり製造元である「有限会社かんずり」周辺の田んぼで行われます。

雪さらしの実施の可否は天候により左右されるので 事前に確認した方がいいと思います。
かんずり工場に到着。
かんずり工場には、売店や資料館も併設されています。
ここでしか買えない生かんずりなどもあるので要チェックです!

車をこちらの駐車場に停め、会場まで歩きます。
時間は徒歩で10分ほど。
うっひょー まっ白。

ただの平地のように見えますが、雪の下は田んぼ。

会場ではすでに準備が始まっていました。
田んぼの一角にネットをしき、 秋に塩漬けされたとうがらしをまきます。
こちらが塩漬けのとうがらし。

試食させていただきましたが、 これだけでも十分に美味しいー!!
これが雪さらしでもっと美味しくなるのね♪

いよいよとうがらしの雪さらしが始まりました!!
どんどん真っ白な雪原が赤く染まっていきます。

雪さらしは、見学だけでなく希望すれば体験もさせてもらえます。
せっかくなので、私も雪さらしをさせていただきました!
カゴが予想よりも重たくてびっくり!!
こんな重たいのを片手に持ちながらとうがらしを撒いていたんですね…

私「なんか、すいません。思いのほか重労働でした。」

スタッフさん 「雪さらしよりももーっと大変なのが回収作業なのよー!
今度はそれを体験しにきてちょうだいw」とのこと。

回収作業は以前に見学したことがありますが 本当に大変そうでした。
なんせ、数十センチもの雪がかぶっているものだから重たいのです。

う~ん、壮観!!
ほぼほぼ雪さらしがおわりました。
真っ白な雪原に赤い色が映えて、ほんときれい。

雪さらしですが3月まで定期的に行われます。
次回の一般公開日は、2月19日 10時~。

興味のある方はぜひ。
かんずり

かんずり

場所:妙高市西条438-1
営業:8:30~17:30
電話:0255-72-3813

この記事を書いた人
とも

2児の母。O型。大雑把な性格。おでかけの計画を立てるのが苦手。「何とかなるでしょ」と見切り発車してよく予定がズレこむ。

PR