新潟市内で歴史散歩 湊町・花街・古町の文化に触れる旅

1日コース
古町エリアは、明治・昭和初期に建てられた歴史ある建物がたくさん!新潟市の歴史を学びながら旅をすれば、当時にタイムスリップしたように感じるかも!?ロマンあふれる古町エリアをめぐってみませんか。
START
JR新潟駅から車で約10分

1

新潟市歴史博物館みなとぴあ

瀟洒な洋館で水の都の歴史を知る

平成16年3月、信濃川のほとりに誕生した歴史博物館。「郷土の水と人々のあゆみ」をテーマとした展示や体験、旧新潟税館庁舎をはじめとした明治・昭和初期の歴史的建造物など、情緒豊かな古くからの港町、水の都にいがたの歴史と文化が満喫できます。

車で約5分

2

旧小澤家住宅

江戸後期から明治期に栄えた豪商

新潟町家の特徴と、明治期の商家の屋敷構えを今に残し、“みなとまち新潟” の歴史を伝える建物として、市の文化財に指定されている店舗兼住宅です。松島の風景を模したという日本庭園には紀州石・御影石・佐渡赤玉石など、北前船によってもたらされた石材が数多くあり、芝を張るなどモダンな一面も見られます。

車で約5分

3

旧斎藤家別宅(新潟古町芸妓の舞)

かつての豪商のお屋敷にて「新潟古町芸妓の舞」鑑賞

『新潟花街茶屋』2019春夏 4月~7月の指定土曜日に開催いたします。

京都・祇園、東京・新橋と並び称された新潟・古町の花柳界。
江戸時代、北前船の日本海側最大の寄港地として栄えた新潟には、文人墨客や政財界の主役達が日本中から集まってきました。その訪れた人々をもてなす中心が芸妓でした。

200年の伝統を誇る新潟古町芸妓の舞を、かつての豪商のお屋敷「旧齋藤家別邸」でお楽しみください。
芸妓さんとの写真撮影やお座敷遊びの体験もしていだだけます。(お抹茶・和菓子つき)

4

新潟すし三昧「極み」

みなとまち・新潟で寿司を極める

信濃川と阿賀野川がたどり着く新潟の海。この自然の恵みあふれる、みなとまち・新潟に、究極の握りが誕生しました。南蛮エビ、ヤナギガレイ、ノドグロ、ヤリイカなど新潟の地魚+ウニ・トロ・イクラの特上1.5人前。新潟を満喫できるお寿司です。

5

新津記念館

昭和ロマン漂う西洋館
  • 新津記念館

新潟県三島郡出雲崎町出身の石油王 新津恒吉が外国人迎賓館として建てた西洋館です。「イギリスの間」「フランスの間」「日本間」などがあり、 表情の異なる内装が見学できます。
洋館の庭園には十二支の彫刻のある灯篭や樹齢100年を超える松、青森ヒバの植え込みなどがあり、散策することができます。

車で約5分

6

新潟県政記念館

明治初めに建てられた貴重な洋風建築

明治16年に建設された新潟県議会旧議事堂の建物を公開しています。日本建築に西洋の技法を取り入れた木造洋風建築で、文明開花期特有の個性美と風格を持つ建造物です。明治初めの府県会開設期の議事堂としては現存唯一の遺構で、昭和44年に国の重要文化財に指定されています。

GOAL