室内でいつでも楽しめるアイスアリーナへ行ってみた/新潟市


2020年01月12日 48ビュー
天気を気にせず楽しめる施設へ遊びに行ってみようシリーズ!

今回は新潟市の鳥屋野潟にある「三菱ガス化学アイスアリーナ」へ行ってきましたー!

柏崎や上越には冬季限定でオープンするアイスアリーナはありますが、 県内で1年を通じてスケートができるところはここだけなんですよ。
車を走らせると白い大きな施設が見えてきます。
周辺は広い駐車場が広がっているので、すぐわかるはず。
受付(窓口)のきれいなお姉さんからチケットを購入して、早速中へ。

チケット料金は、当日1回券(一般)1,500円、65歳以上・小中高校生1,000円、未就学児・障がい者500円。
※マイシューズ持参や回数券の場合は少し安くなります。
まずは靴を選びます。
セルフなので、自分の足のサイズを探して履いてみましょう。
最後の片づけもセルフですが、イラストでわかりやすく紹介してあるので安心です。
準備ができたら、いざリンクへ!
さすがリンクは寒い。この日は外よりも寒く感じましたが、日によっては暖かく 感じるときもあるんですよ。

滑るときには必ず、手袋、帽子、長ズボンに暖かい格好、そして、初心者の方は ヘルメットとプロテクターがあるので、自分のサイズにあったものを装着して準備は完了です。
この日は平日だったので、滑り放題でしたが、土日祝日は混み合うので マナーを守って楽しみましょう!

ちなみにスケートなんてしたことないから不安だな…という方へ朗報です。
初心者向けの無料レッスン会を開催しているんです。

無料ワンポイントレッスン
日程:土日祝14:00~14:30
定員:先着40名
対象:3歳以上
受付:13:45より館内放送。
リンク脇の場内受付で無料パスを受取
レッスンに参加できない方でも貸ソリ(300円)があるので、ご安心を。

ノーマルのイスタイプ以外にもキュートなペンギンや雪だるまも(*’▽’)
レッスンに参加できない方でも貸ソリ(300円)があるので、ご安心を。
ノーマルのイスタイプ以外にもキュートなペンギンや雪だるまも(*’▽’)
疲れたときはリンク脇の暖かい休憩スペースで一息つくこともできます。
土日祝日のみお昼時にパン屋さんが登場します。

ここのアイスアリーナはメインリンクのほかにサブリンクもある大きな施設なので、 週末には未就学児を対象にサブリンクへ遊具を入れて、自由に遊ぶこともできます。

たまたまこの日は市内の幼稚園と小学生が教室を受けていました。
小さなお子様から大人まで楽しめる、アイスアリーナ。
ぜひ、行ってみてくださいねー!

三菱ガス化学アイスアリーナ

住所:新潟県新潟市中央区鐘木257-17
電話:025-288-1234

この記事を書いた人
つっちー

Dead by Daylightとはらぺこツインズと掃除が大好き。美味しいものがあればどこへでも飛んでいく。

PR