鮮烈に記憶に残るデコケーキ!「菓子工房RIM」のスイーツが超かわいかった/燕市


2021年10月22日 1234ビュー
こんにちは、三条市在住ライターの渡辺まりこです。
 
誕生日や記念日のお祝い、ハロウィン、クリスマス、ひな祭りなどのホームパーティーに欠かせないものといえばケーキですよね。
 
「せっかくの特別な日だからこそ、おいしくして記憶に残るケーキを選びたい」と思っている方にぴったりな“ド派手なケーキ揃いのお店”を発見しちゃいました。
 
その名は「菓子工房RIM」。
 
子供が大喜びしそうなビジュアルのケーキ……かなり気になります!
 
さっそく、燕市・吉田にある2号店に潜入してきました。
 
(※新潟市秋葉区の1号店は、生ケーキの販売がないので注意!)

吉田の商店街に佇むかわいらしいケーキ屋さん

燕市吉田の商店街にカラフルなのぼりを発見!
 
こちらが「菓子工房RIM吉田店」です。
 
店脇に共同の駐車場があります。
テイクアウトメインのケーキ屋さんですが、イートインもOK!
 
ブレンドコーヒーやミルクティーなどの飲み物もオーダーできます。
タピオカドリンク(税込350円)は、クリームブリュレ、ばなな、いちご、キャラメルなど9種類もありました。
 
フレーバーがどれも美味しそうで魅惑的すぎます。
 
それでは、さっそくお店の中へ入ってみましょう。
店内に一足踏み入れると、白×木目調のナチュラルな雰囲気で、ゆったりとしたスペースが広がっています。
 
お店の奥では、ガラス越しにパティシエさんたちが作業している様子が見えました。
 
手際よくスポンジを焼いたり、クリームを塗りつけたり、ケーキをカットしたり。
無駄のない所作にしばし見入っちゃいました…!
グリーンやオブジェなどの小物がかわいらしいイートインスペースもあり。
看板犬のワンちゃんも発見♪
 
シェパードの女の子・ラムちゃんは、ちょっと体は大きいけど穏やかな性格。
 
いきなり吠えたりしないのでご安心を。
 
こちらが、オーナー兼パティシエの渡邉奈美子さん。
 
2019年に燕市の吉田商店街にオープンしたこちらのお店は2号店で、「かわいいケーキをショーウィンドウにいっぱい並べたい」という渡邉さんの夢を叶えたそうです。
 
1号店は新潟市秋葉区にありますが、生ケーキの常時販売はなく、冷凍ロールケーキがメインとのこと。
 
「とにかく目を引くケーキを作りたかったんですよ!」と渡邉さん。
 
ショーケースいっぱいに並ぶケーキは約20種類でどれもカラフル。
 
おいしさはもちろんのこと、見た目のかわいらしさやユニークな個性を追求したラインナップとなっています。
取材に訪れたのは10月上旬。ショーケースにはハロウィンモチーフのケーキがいっぱい!
 
紫×オレンジのハロウィンカラーのスポンジやクリーム、クモの巣を象ったチョコレート、おばけキャラクターとなった求肥など、どれも見た目が楽しいです。
7色のレインボーケーキ、動物モチーフのケーキ、ミニサイズのデコロールケーキなど、心がときめくナイスなラインナップです。
 

出会えたらラッキー!お徳用訳ありケーキ

「これはあまり情報を広めすぎたくないんですが…」と渡邉さんが冷凍庫から取り出したのは、30~40個近く入ったケーキの切れ端。
 
菓子工房RIMでは業務用ケーキの販売もしているので、商品として使えない切れ端を詰めて、格安で販売しているそう。
 
ロールケーキやティラミスなど、種類はさまざま。
 
こちらの抹茶ロールケーキ詰め合わせは、30個以上入って税込400円!
 
いつも販売しているわけではないので、出会えたらラッキーです。
 
(ショーケースには並んでいないので、店頭で在庫があるか確認してみてください)

記憶に残るオーダーデコケーキが超スゴイ!

菓子工房RIMは、1人用の生ケーキも良いけれど、「オーダーメイドできるホールケーキ」がとにかくスゴイ。
 
一度見たら忘れられない唯一無二の個性を放っているんです。
 
それではさっそく紹介していきますね。

女の子の夢の世界♪可憐なドレスのプリンセスケーキ

私が一番衝撃を受けたのが、こちらのプリンセスケーキ(6号・税込5,000円)!
カラフルなメレンゲ菓子で覆われた色とりどりのドレス型ケーキ、そこに本物のお人形がドッキングしています。
 
こんなビジュアルのケーキ初めて…!!!
 
お人形の髪型や髪の色、ヘアアクセサリーも一体ごとに違っていて、愛情があふれていますよね。

手描きイラストの再現もOK!キャラケーキ

手描きで作るチョコをのせたキャラケーキ(5号:税込4,200円)。
 
既存キャラクターでも良いですし、お子さんが描いたイラストをそっくりに再現することもできるそうです。

好きな画像データでオーダー!超リアルな写真ケーキ

写真ケーキ(6号:4,500円)の依頼は、写真のデータを送るだけでOK。
 
写真をプリントした小さなチョコプレートが載ったケーキなら見たことはありますが、ここまでケーキ全面を写真で覆いつくしたタイプは見たことがありません。
 
安全で食べられる色素を使い、プリント部分はコーンスターチが主原料なので味は変わらずにおいしいそうです。
写真ケーキを応用すれば、こんな風に文字入れしてもらうこともできます。
 
賞状風のデコケーキは、意外性があってサプライズに使えそう。
写真ケーキは、イラストデータでのオーダーもOK。
 
最近の人気はやっぱり鬼滅の刃。好きなキャラが全面にプリントされたケーキは、推しにはたまらないのではないでしょうか。
プリンセスケーキやキャラケーキ、写真ケーキは生地やクリームの色も、数種類から選ぶことができます。
 
カスタマイズ性の高さ、そしてお店側のサービス精神に感服です。
 

色も模様も楽しい!
デコロールケーキ&ロールケーキタワー

インパクトのあるデコケーキを先に紹介してしまいましたが、菓子工房RIMはデコロールケーキもかわいらしいです。
 
カラフルなロールケーキ生地や模様が入った生地など、とにかく「派手」なんです。
4段に重ねたロールケーキタワー(税込1,800円~)はユニークなアイディアに脱帽。
 
購入時は小さなロールケーキや飾り付けアイテムがセットで付いてくるので、自宅でお皿の上にタワーを作っていきます。
 
基本的にロールケーキは冷凍での販売とのこと。
 
冷蔵庫でゆっくり解凍することで生ケーキとまったく変わらないおいしさが楽しめます。
 
 

もはや芸術作品!?
フルオーダーケーキ

 菓子工房RIMの実力はこんなもんじゃありません。
 
お客さんの「こんなケーキが食べたいな♪」の夢を叶えるフルオーダーのケーキには目を奪われます。
ゲーム好きなお子さんへ贈られた「Switchケーキ」。
 
中央のゲーム画面は写真プリントになっていて、左右の赤と青のコントローラーも見事に再現されています。
 
笑っちゃうほどインパクトがあり、どこから食べようか迷ってしまいそう。
ゴルフ場を再現したケーキも存在感が半端ないです。
 
抹茶パウダーの緑の芝には、ちゃんとホール(穴)とピンフラッグ(旗)があります。
 
ゴルフボールに見立てた求肥スイーツや、ちょこんと置かれた猫のオブジェもいい味を出していますよね。

わが家の子供たちもかわいいケーキに大興奮!

レポートのおまけになりますが、テイクアウトで購入したケーキにわが家の子供たちは大興奮でした!
 
カラフルなケーキを目にした瞬間の、子供たちのキラキラとしたまなざしが忘れられません。
 
「美味しい!」「かわいい!」を連呼しながら、ペロッとたいらげてしまいました。
 
(左から)レインボーケーキ(税込380円)、本日のスペシャルケーキ(税込450円)、ミニポンポンうさぎ(税込380円)
 
ケーキを並べた時のラブリーさはたまりませんよね!
結論、菓子工房RIMのケーキは、遊び心がいっぱい。
 
「子供たちのテンションが爆上がりするケーキ」でした。
 
ハロウィンやクリスマスのケーキをどのお店で買おうかと決めかねている方は、菓子工房RIMのキュートすぎるオーダーケーキをぜひ注文してみてくださいね。

菓子工房RIM吉田店

住所:新潟県燕市吉田中町6-18-1F 
TEL:0256-94-7003
営業時間:9:00~17:00
定休日:日曜・祝日

この記事を書いた人
渡辺まりこ

新潟県三条市在住のフリーライター。主人が“金物のまち”を代表する職業の包丁職人ということから、地場産品に興味が芽生え、ローカルのおもしろさを日々発信中。 これまでの執筆実績はブログで紹介しています。http://www.watanabemariko.com/