歴史ある八百屋さんが始めた、野菜がおいしい居酒屋「権べぇ」/新潟市


2022年01月07日 2792ビュー
まず初めにお伝えしておきたいのですが・・・
こちらのお店、野菜だけではありません。
魚も肉もおいしいお店です!(笑)


新津駅の東口から延びる駅前通りと、メインストリートの商店街通りが重なる交差点。
その一角にはかつて地元に根付いた八百屋さんがありましたが、2020年に閉店。
2021年春に居酒屋として新たなスタートを切りました。
それが今回ご紹介する「権べぇ」さんです。

野菜を使った飲食店をやりたい

鉄道のまち・新津の玄関口である新津駅。
東口は昔から栄えていたエリアで、かつて権べぇの場所にあったのは創業100年以上の「八百権商店」という老舗青果店でした。
 
八百権商店は現在も野菜の仲卸は続けていますが、小売店としての八百屋さんは閉店。
そして居酒屋への転換を図ったのは、5代目店主の澤田邦敬さんです。
20年ほど前に居酒屋で仕事をしていた経験もあり、以前から「おいしい野菜をふんだんに使った飲食店をやりたかった」とのこと。
 
コロナ禍というタイミングでさぞ大変かと思ったのですが、それが逆にお店をオープンする後押しになったようで「コロナの影響で野菜の注文が減り、せっかくいいもの(野菜)があるのに売ることができない…いっそ自分も野菜を使う側の一員になれば!」と決意を固めたそうです。
また、新津の街も次第に活気がなくなってきたことから「『四つ角に久々に明かりが灯った』と明るい話題で地元を盛り上げられれば」と澤田さん。
 野菜への愛と、地元への愛にあふれています。

「新潟は野菜の種類が多い」

地元の旬の野菜を中心に、全国の野菜も提供する権べぇ。
澤田さんいわく、「新潟は全国的に見ても野菜が多い県ですが、どうしても端境期があるし、全国にはたくさんのいい野菜があるんです」とのこと。
また、権べぇは「旬」にもひときわこだわっています。
旬の野菜は味はもちろん栄養価もある上に概ね価格も安いので、お客さんにも還元できます。「体にも財布にも優しいんですよ」と笑います。
一見コワモテですが、熱い想いを無邪気に語る笑顔がステキです。
 
それでは、権べぇおすすめの料理をご紹介しましょう。
まずは、看板メニューのこちら!
蒸し野菜プレート(950円/税込)

これぞ八百屋居酒屋(^o^)の一皿。
今回ご用意いただいた野菜は、
 ・キャベツ(新潟市 横越産)
 ・ブロッコリー(新潟市 白根産)
 ・ミニトマト(新潟市 白根産)
 ・カリフラワー(柏崎市産)
 ・サトイモ<帛乙女>(五泉市産)
 ・レンコン<五泉美人>(五泉市産)
とほとんどが新潟県内産。
県外からは徳島県産のサツマイモ(なると金時)がお仲間に入っていました。
 
先ほどの写真は蒸す前のものですが、蒸した状態がこちら!
湯気~~~!

ん・・・でもさっきとあまり変わってない???
そう、くたくたにせず、歯応えが少し残るくらいのちょうどいい硬さがおいしい食べ方。
(肉でいったらミディアムレア?)

キャベツもブロッコリーもカリフラワーも、甘くてジューシー。
そしてレンコンは小気味いい歯応え。
ミニトマトは酸味がやや引き立ち、生野菜にはない感覚のうまさ。
サトイモは皮ごと蒸した衣かつぎで。

特製のネギみそを付けていただくのですが、これがよく合うのです! うまい!!
 
野菜料理は他にも、各種サラダをはじめ長芋を使った料理や焼きサトイモなど。
新ごぼうと新レンコンのたまり正油漬け」も気になります。
あとは「野菜たっぷり〇〇」というメニューも多く、さすがは八百屋さんのお店。
 

魚や肉にもあふれるこだわり

野菜がおいしいのは当たり前、と言わんばかりのメニューですが、権べぇは魚介や肉料理にもこだわっています。

ここからは魚介&肉料理のご紹介。
まぐろ刺し(本マグロの刺身)(1,200円~/税込)

権べぇはマグロにも自信あり!
写真は宮古(岩手県)の本マグロで本日入荷したばかりのトロ刺しです。
とろける食感~♪

何でも、澤田さんの学生時代の先輩が新潟の水産会社に勤めていて、マグロの目利きが素晴らしいそうで、「いつか『マグロ先輩』から仕入れたいと思っていたんです」と澤田さん。
(いやマグロ先輩て…笑)
 
絶対的信頼のおけるマグロ先輩のマグロは他にも、山かけやユッケ、丼などで楽しめます。
 
添えられたツマもまたシャキシャキです。
権べぇでは当然ツマもお手製。
ちょうど仕込みをしていたのは、店主と共に厨房を取り仕切る料理長の山川宗継さんです。
ただいま桂むき中・・・。

魚介系の料理は他に、銀だら西京焼き生身欠きにしん焼きエイヒレ岩もずく、スルメイカの沖漬け大粒カキフライなどさまざま。
(季節によってメニューは変わります)
 
続いては、肉料理から…
黒毛和牛の牛すじ豆腐(580円/税込)
 
見るからにちょとお味が濃いめの煮込み。
これは絶対にうまいぞ…っていうか、うまかった!!

プルプルの食感はとろけるやわらかさ♪
上質な和牛ならではの濃厚な甘みとたまり醤油のコクで、ご飯が欲しくなるorお酒が進みそうです。
豆腐にも中までしっかり味が染み込んでいますよ。
 
これは相当じっくり煮込んでるな・・・とお聞きしてみたら、意外にも2時間くらいとのこと。
煮込み過ぎるとトロトロになり過ぎちゃうんですよ」と澤田さん。
とろける寸前の状態で仕上げています。絶妙。
 
肉料理は他に、地鶏や若鶏、国産の豚バラを使ったものなど豊富。
肉類はご近所の肉屋さんから仕入れているそうで、こちらも品質に自信あり!です。
 
権べぇのメニュー表には「中央水産 マグロ先輩イチオシ」とか「田中肉店オススメの」などのキャッチフレーズが書いてあるのですが、澤田さんはこれまでの出会いや地元とのつながりを大切にしてるのがよく分かります。

そして、実は料理長も同級生!
 
さて、今回の料理はここまでの予定でしたが、とても気になるメニューがあったので、追加オーダーしてしまいました。
それがこちら!
長芋と豚バラ包み焼き(750円/税込)
 
リピート率ナンバー1という人気メニュー。
半分にカットした長芋を豚バラで包んでいるのですが、それでも1つ1つが大きい!!

反対側から見るとこんな感じ。
かなり立派な長芋ですが、巻産(新潟市西蒲区)とのこと。
やわらかくてみずみずしい、いい長芋なんですよ」と澤田さん。

野菜を知るプロならではのメニューがここにもありました。
 
確かに、大きいのに食べやすくジューシーです。
豚肉と塩だれがよく合います。うまい。
これには…ビールかなぁ~!!
 

そうそう、お酒も紹介せねば。
上・中・下越・佐渡の名だたる地酒を20種類以上取りそろえています。
花越路」は、地元・秋葉区の村祐酒造のお酒。
 
日本酒以外にも、ビール、焼酎、ワインなどもしっかり押さえています。
定番から店主のセンスがキラリと光る銘酒まで充実のラインナップです。
 
最後にコース料理のご紹介。
基本は7品4,400円(税込)、9品5,500円(税込)で、いずれも2時間飲み放題付きとお得感満点。
どちらも蒸し野菜プレート付きです!

コースの金額を聞いて、こちらのお店が居酒屋だということを思い出しました。
 
L字型のカウンターのほか、掘りごたつのテーブル席、2階にはお座敷もあります。
カウンターが人気ですが、テーブルも座敷も居心地のいい空間です。

八百屋さんの5代目店主が夢を実現してオープンした居酒屋。
最初に書いてしまいましたが、野菜はもちろん魚介や肉料理もおすすめです。
 
そして、店主の出会いを大切にして生まれたお店は、きっとこれから出会うお客さんのお腹を、そして心も満たしてくれることでしょう。

新津駅から徒歩5分と電車でのアクセスも良好。
新津駅は電車の本数も多いので、新潟駅など周辺からもぜひ!
権べぇ

権べぇ

住所/新潟県新潟市秋葉区新津本町2-1-8
TEL/0250-22-0441
営業時間/17:00〜23:30(23:00L.O.)※日曜・祝日 16:00〜22:30(22:00L.O.)
定休日/水曜日

この記事を書いた人
ケバブー

長岡生まれ新潟育ち。 ​
郷土料理からラーメン、地酒やスイーツまで新潟の食を広く愛するフォトライター。