ハンドメイド雑貨×惣菜×カフェ×ワークショップ!ごちゃまぜ感が楽しい「今Coco!マルシェ」/見附市


2022年02月23日 2721ビュー
 
こんにちは、三条在住ライターの渡辺まりこです。
 
今回訪れたのは、2021年11月にオープンした見附市の「今Coco!マルシェ」。
 
ハンドメイド作家さんの作品が並ぶ雑貨屋さんと思いきや、割烹惣菜、コーヒー、スイーツもあり、ワークショップ体験もできちゃう盛りだくさんスポットでした!
 
オーナーさんやスタッフの作家さんがとても優しくて居心地が良く、ウェルカムで温かな雰囲気に心がほんわかしちゃいましたよ。
 
それでは、さっそくお店を紹介していきます。
道の駅「パティオにいがた」から徒歩約3分、割烹「柳屋」の隣にあるみどり色のガレージ風建物が「今Coco!マルシェ」です。
 
お店にスタッフさんが常駐するのは水曜日と木曜日のみ。
 
月・金・土・日曜日は、商品を購入するときにチャイムを押すと、お隣の柳屋さんからオーナーである女将さんが来て対応してくれます。
 
(火曜日は定休日ですのでご注意を)
店内はコンパクトですが、ハンドメイド作品やおいしそうな食べ物などでいっぱい!
 
現在、県内在住作家さん11人の作品を取り扱っており、オープン以来アイテム数はどんどん増えているそうです。
こちらが「割烹 柳家」女将兼「今Coco!マルシェ」オーナーの味方貴久恵さんです。
 
そもそも、なぜ割烹がハンドメイドショップを始めたのでしょうか?
 
気になって聞いてみたところ、味方さんはお店を始めたきっかけについて、こんな風に教えてくれました。
 
「コロナ禍になって、割烹の宴会予約がどんどん減っていってね……これは何か新しい取り組みをしなくちゃと思ったんです。
 
実は私自身、ハンドメイド作品が好きで、割烹の敷地内でハンドメイドイベントをしていたことがあって、作家さんの友達もたくさんいます。
 
彼女たちもハンドメイドイベントがなくなって、売る機会が減っていることを知りました。
 
だったら、私がこの場所で作品を売る場を作ったらどうかな、そして割烹のお惣菜も一緒に売ったらどうかな……というアイディアで始まったのがこのお店なんです」
 
この理由に加えて、味方さんはカフェをやってみたいという小さな夢をずっと持っていたとのこと。
 
そして起業の条件やタイミングが合い、2021年11月に「今Coco!マルシェ」が誕生しました。

県内作家さんの個性が光るハンドメイド作品たち

「今Coco!マルシェ」には、味のあるハンドメイド作品がたくさん並んでいます。
 
どれも作家さんの個性があふれていて、手作りの温かみを感じられました。
ていねいに縫製されたトートバッグは、北欧風の柄がかわいい!
 
Instagramのハンドメイドアカウントで1万人のフォロワーをもつ人気作家さんの作品です。
草花モチーフの刺繍がほどこされたくるみボタンヘアゴム。
 
繊細な雰囲気で、思わず目を奪われてしまいました。
おどけた表情がキュートなクマさんブローチも発見!
 
この他にも、さまざまな動物モチーフのブローチが販売されていました。
大人っぽいピアスやイヤリングもステキ。
 
存在感のある大ぶりなものから、耳元で揺れる繊細なものまで、たくさんのアクセサリーがあって迷ってしまいました。
 
こちらは食卓が一気におしゃれになりそうなカッティングボード。
 
一つとして同じ木目がないので、手に取ってぜひお気に入りを見つけてみてください。
なんと手作りの下駄まで販売されていました。
 
実は、オーナーの味方さんは下駄の産地である大分県日田市出身だからなのだとか。
 
こちらの下駄は、NHKBSドラマのロケ地となった工房で作られたものだそうです。

子供も楽しめるワークショップ体験

毎週水曜・木曜は予約なしでワークショップ体験も税込500円~楽しめます。
 
(土・日曜は不定期でワークショップ体験可能日あり。詳細は要問合せ)
 
たとえば、好きなパーツを組み合わせるチャーム作り、自由に絵を描いたりスタンプを押したりして仕上げる巾着袋・ハンカチ作りなど……。
 
どれも10分ほどで簡単に作れるので、幼児や小学生も夢中になってオリジナルアイテム作りに没頭してしまうそうです。
水曜日はハンドメイド作家兼「今Coco!マルシェ」スタッフの丸山梓さんがワークショップを担当。
 
丸山さんは味のある布小物づくりが得意で、「ユルくてかわいい」を意識した個性的な作品をつくれるワークショップも最近はじめたのだとか。
丸山さんが一押しのワークショップとして紹介してくれたのが、「似顔絵チャーム」作り。
 
コーデュロイ生地の顔に、オリジナルの髪や口のフェルトパーツをつけるとユニークな顔に!
 
裏に刺繍で文字入れするとさらにかわいいですよね。
過去には、オリジナルの木製看板を作るワークショップも開催しました(イベントでの不定期開催)。
 
キューブブロックを貼り付けたり、マーカーで文字を書いたり……自由な発想で作るのは楽しそうですよね!
こちらは小学生の女の子が、オリジナル巾着袋作りをしている様子。
 
「できた~!」と完成したときの達成感は何物にも代えがたいですよね。

割烹の味を食卓に!手作り惣菜も買える

「今Coco!マルシェ」の名物として忘れてはならないのが、割烹「柳家」のお惣菜!
 
ふだんは法要でしか提供していない手の込んだ和の料理を、テイクアウトできちゃいます。
 
特に魚料理が豊富で、オーナー味方さんの一押しは「タラの煮つけ」。
 
わが家では、カリッカリに揚げて骨まで食べられる「ギスのから揚げ」が子供たちに大好評でした。
 
鮮度抜群のお刺身や海鮮丼、厚焼き玉子、コロッケなど、常時15種類の惣菜が並びます。
期間限定の特別メニューが登場することも!
 
こちらは、味方さんの故郷である大分のソウルフード「大分から揚げ」。
 
秘伝タレをたっぷりしみ込ませた、白ご飯がモリモリ進む味です。
オリジナルに開発した長すぎる「かれいぱん」も注目!
 
マイルドなカレーがたっぷり詰まっていて、スティック状なので食べやすいです。
女将さんが淹れるおいしいコーヒー「Cocoブレンド」(税込450円)もぜひオーダーを!
 
冷蔵ケースで販売するオリジナル商品のミニロールケーキ(税込250円~)とも相性ぴったりです。
 
店内のカフェスペースでいただくことができるので、スタッフさんたちとおしゃべりしながらゆっくり過ごしてみてください。

人と人のご縁が生まれるつながりの場所

ここは雑貨屋?カフェ?惣菜屋?
 
初めて「今Coco!マルシェ」に来店した人はきっととまどうことかと思います……(笑)
 
こちらのお店はごちゃまぜ感も良いのですが、人の温かさもまた魅力!
 
オーナーの味方さんをはじめとしたスタッフさんたちは誰でもウェルカムな雰囲気で、ここに訪れる人と人とが自然とつながっていきます。
 
今回の取材中も、納品にきたハンドメイド作家さんや一般のお客さんなど、さまざまな人が訪れるたびに会話が弾んでいました。
 
もはや何屋さんなのかは判断できませんが、温かくていいお店であることは伝わったのではないでしょうか?
 
ハンドメイド好きならずとも、ぜひ一度は訪れてみてくださいね。

今Coco!マルシェ

住所:新潟県見附市今町1-1-7
TEL:0258-66-3166
営業時間:11:00~19:00(ワークショップは16:00まで)
定休日:火曜

この記事を書いた人
渡辺まりこ

新潟県三条市在住のフリーライター。主人が“金物のまち”を代表する職業の包丁職人ということから、地場産品に興味が芽生え、ローカルのおもしろさを日々発信中。 これまでの執筆実績はブログで紹介しています。http://www.watanabemariko.com/