海前絶景のシーサイドパーク名立でビッグボブスレー、ローラースライダーを体験!/上越市


2021年08月04日 1855ビュー
日本海側に住んでみて驚いたのが、夕日が海に沈むことです。

実家のある高知では、海から朝日が昇るのでお正月にはうっかり「え?日本海側初日の出暴走とかないの?」(高知では桂浜に改造車やバイクを見に行くのが元旦の楽しみだったので)って素で聞いていました。

今ではすっかり夕日が沈む日本海の海がお気に入り♪(荒れ狂う冬の海は怖いです)

そんな中でも私がすごく好きになった場所が、山の上から見降ろす海と広い空の広がる名立の海の景色。

今回はそんな素敵な場所に息子と娘を連れてビッグボブスレーと滑り台を楽しみに来てみました♪

いざ山の上にある名立シーサイドパークへ!

目的地名立は、新潟市の新潟駅あたりから高速を使って約2時間。

名立シーサイドパークにはお昼御飯の販売がなく、頂上までのシャトルバスは12時から13時はお休み中だと聞いたので、朝9時に新潟駅前にあるおにぎり専門店「にぎり米」さんにておにぎりを調達し、お昼くらいに着くのを目指し9時半に新潟市内を出発!!!

丘の上でおにぎりを食べようと前日に買ったペットボトルドリンクを6本凍らせておにぎりと持参しました(35歳の本気の出しどころ)。

シーサイドパーク名立までは、北陸自動車道「名立谷浜IC」で降りてさらに5分。海と田んぼがとてもきれいで「夏休みに田舎のおばあちゃんちに来た」感ある景色が広がります。
シーサイドパークの看板を頼りに坂を上っていくと……ガチの山道に!笑

え?こんなに登るの?って思いながらぐいぐい登っていきます。キャラクターのついた看板を見つけ、「よかった、間違ってない!」とほっとして進むと、下り坂に……。間違った?と思っていたら駐車場が出てきて、シーサイドパークにつきました!!!

よかった!
12時少し前に到着し、ほっとし、おにぎりとシート、水分をもっていざ出陣!

お天気は申し分なく、気温も30度前後!シャトルバスが出てなかったら頂上まで登るの辛いので間に合い安堵しました。
シーサイドパークの地図はこんな感じ!

令和3年度の営業日は、4月17日(土)から10月31日(日)までの土・日曜・祝日となっており、目的のボブスレーや滑り台などの有料遊具の利用は、9:30~12:00まで、13:00~17:00までです。
看板の裏手あたりに、すぐ無料のシャトルバス乗り場がありました!ここには自販機も!

「水分足りなかったら補充しよ!」と、即バスに乗り込み、頂上のビックボブスレー乗り場に!スタッフさんの運転するバスがぐんぐん登っていく中「これ、徒歩は暑くて死ぬわ…」と再実感。バスは、数台あり、人がいればささっと乗せて連れて行ってくれる感じです。

3歳以上から滑れる1回310円ビッグボブスレーに挑戦!

シーサイドパークてっぺんにシャトルバスでついた後、1回くらいなら滑れそうだとのことで早速挑戦!販売機で券を買い、お父さんと5歳の息子が挑戦です!

未就学児は無料で滑れますが、中学生以上の同乗者(有料)が必要で、大人の二人乗りはできません!

私は娘とご飯をどこで食べるか作戦会議を。山頂にもトイレがある安心感もいいですね~!
券を買ったら大人も子どももヘルメットを選びます!
いざ乗り場に!絶景を前にコースが伸びており、スタッフさんにブレーキのかけ方を教えてもらいスタンバイします。

さわやかな風の中、私と娘は展望台から二人を見守ることに。
ちょっとこの景色の中滑れるのって贅沢すぎるよね!
ビビりな5歳でしたが、しっかりブレーキがかかるのをテストで確認してすいすいと下っていきました!
展望台からはスタート直後こんな風に見えます!
下っていく二人は瞬く間に小さくなりました。

そして意外と早くシャトルバスで戻ってきたので、シャトルバスとボブスレー&滑り台休憩中になる12:00~13:00にご飯をとります。

お、に、ぎ、り!
新潟の海!新潟の空!その中で食べる新潟の米!!!!

こんな贅沢ある?

キンキンに冷えた麦茶も美味し!!!シートを敷いて遠足風にご飯をいただいたんですが、近くで小さなセミの抜け殻を見つけたりと子どもも大人も大満足♪
私は利用しませんでしたが、バーベキューハウスも4区画あり、1区画の利用料金は1,020円です!

予約が必要で、予約先は上越市施設経営管理室(025-526-5111)とのこと。

食材、炭、鉄板や網は利用者で用意が必要ですが、シャトルバスがあるので運ぶのが苦にはならなそう♪
食後は展望台で風を受け、ご機嫌なFM新潟をききながら青い海と空を眺めます。

今日泊まる予定の道の駅「うみてらす名立」も見えちゃいますね~♪

3歳から滑れる1回160円のローラースライダーに挑戦!

食後、13:00になったので、今度は長い滑り台、ローラースライダーに挑戦!
おしり対策と、コロナ対策の手袋があり、スライダーを降りた広場ではスタッフさんがうけとってくれます。
おにいちゃん的にはブレーキのしっかりきくボブスレーの方が怖くなかったそうで、高さもあってか、2人のキッズは終始怖い怖い言いながら滑ってました!笑

結局、有料遊具はおにいちゃんとお父さんでビッグボブスレーを計3回滑り、大満足♪
遊具で遊んだりしながら上から見て気になっていた芝生の広場にも降りてみました!
広場にはシーソーやブランコもあり、来ている小学生たちもガンガン遊んでました♪
そして私は上から気になってみていたじゃじゃまるのもとへ!笑

日陰に、文字通り歯の抜けたじゃじゃまるが…(今のガラピコプーポジションで30年前の私のアイドル)!
 
こちらは広場から見た展望台と滑り台!

小学生くらいになったら子どもたちも倍楽しめそう!水分も丁度なくなり、大満足したので、海辺に見えた「うみてらす名立」に向かうことにします。
シーサイドパーク名立

シーサイドパーク名立

住所:新潟県上越市名立区名立小泊798-1
電話:025-526-5111(上越市施設経営管理室)※バーベキュー予約などはこちらに連絡してください
定休日:開園時期の平日(毎週月・火・水・木・金曜日・7月22日(木・祝)~8月22日(日)は月~木曜日休園。※ただし、8月12日(木)は開園。)
営業時間:9:30~17:00(有料遊具は12:00~13:00までお休み)
開園:令和3年度の営業日は、4月17日(土)から10月31日(日)までの土・日曜・祝日

海前の道の駅「うみてらす名立」で宿泊

新潟から2時間の移動、炎天下の中のボブスレーやアスレチック遊び……それでも昼寝の気配のない子どもたちを連れて体力の限界を感じた私たちは15:00に山を下りただけでつく道の駅の宿に泊まることにしていました。

宿までの移動時間が少ないの最高!

うみてらす名立はお魚を売っている市場や、アワビラーメンや海鮮丼が豊富なフードコート、そして温泉やプール、宿泊施設もある最強の道の駅です。
施設の左側が温泉やプールへ向かうフードコート、右側にホテル「ホテル 光鱗」があります。

和室、ロフト、洋室とお部屋があり、私たちは今回1階の洋室にチェックイン!今回は使っ得!にいがた県民割キャンペーンも使いたかったので電話で予約し、受付で保険証や免許証などを見せました

web予約もあり、私が見たときはいっぱいでしたが、「電話で空いていることもある」というHPの文言を信じて電話すると予約が取れました!よかった!!!
お部屋はこんな感じ!

子連れなのを伝えていたので、ベッドを合体させてくれていたり、ウェルカムドリンクが出たり、黒糖饅頭があったり(秒で食べた)、もう、最高。

お部屋にも用意されていますが、ロビーでは浴衣も好きな柄が選べたり、宿泊者はコーヒーを飲めます。

夏季や年末年始は通常大人2名(一人12,100円)、食事ベッドありキッズ(3歳以上の幼児)1人(6,050円)、食事ベッドなしキッズ(3歳未満の幼児)1人(0円)で30,250円でしたが、県民割(13,000円割引されました)で17,250円になり、チェックアウト時には家族分トータル6,000円の新潟県使っ得!地域クーポン券が出ます

お得ぅ!!!
チェックイン時にもう一つ嬉しいことが!

なんと、大人の夕食のお刺身と焼き魚を選べる券がついてくる(17:00までにお願いすることが条件です)!

早速、キッズを連れて隣の鮮魚市場に魚を選びに行きました。
コロナ対策がされた市場で、黄色いシャツのスタッフさんを見つけ、券を渡します。

息子は、前のめりにお魚を見てました♪
オーソドックスなものから、なかなか見ないものまでいてワクワク!結局、お刺身はほうぼうをチョイス!
焼き魚も2種類選び、夕食がますますたのしみになりました♪

「もう、今日はなんにもしたくないよね」とお父さんとアイコンタクトをするもまだ15:30……。

「ねえ、プール行く?」と息子がわっくわくのテンションで聞いてくる……。
そう、ここは館内からプールに行けてしまう……というわけで、水着と浮き輪、お風呂用の着替えをもって、いざプールに!!!

プールは夏のみ営業、宿泊者は特別料金で利用できるので、チェックイン前でもホテルのフロントに寄るのがおすすめ!
娘のプールオムツ忘れた!と思いきや、売店にあってほっとしました……(痒い所に手が届くぅう!)。

水着や浮き輪のレンタルもあるので、手ぶらでもOKなのがうれしいですね♪
私はしれっと、プール横の温泉に一人で行かせてもらいました。ちょっとお部屋からは遠いですが、夫婦でそれぞれ順番に、チェックアウトまでに3回は行ってしまうくらいいいお風呂です。

特に私のお気に入りは露天風呂!
というのも、海の真ん前なので、立ち上がるとこーんな景色が見えます(写真は部屋からなので角度は違います)。

海風も気持ちよく、私が入った夜は満月もでていて、この世の天国かなという気持ちになれました。

晩御飯は選んだお魚を堪能できる「市場で選べる鮮魚会席プラン」

プール&お風呂のあとは18時半からお食事に向かいました♪

館内をぐるっと回ってレストランに向かうのですが、かわいい心遣いにもほっこり。
「鮮魚会席プラン」では、夕方選んだお魚もテーブルに並びます!

上げ膳据え膳さいっこう!!!そして全部おいしいーーー!特に海鮮茶碗蒸しと魚介の和風ブイヤベースが個人的にはめっちゃ好きでした♪

スタッフさんが声をかけてくれて、ここでこの旅で初めて4人の写真も撮れたし(カメラマン母大感動)、うれしかったです。
子どものご飯も豪華~!!!

レストランはほかのお客さんとの距離も結構あり、ゆっくりいただけました。お腹ペコペコで来てよかった!
こちらはお刺身にしていただいたほうぼう!

白身のしっかりした美味しいお刺身でした♪
焼き魚2匹もお父さんと分け合いながら堪能~普段食べないお魚に挑戦できて大満足です♪

子どもたちも泥のように眠り、大人は順番にお風呂を堪能。しっかり疲れが取れました!

美味しい朝ごはんとチェックアウト11時がうれしい!

夜も朝風呂もしっかりはいり、また楽しみの朝ごはんです~♪

お釜の中には絶対に美味しい雰囲気を醸し出す米(もちろん美味しかった)、ご飯のお供が並んでいます!
キッズの朝ごはんも充実!

美味しくパワーの出る朝ごはんをいただき、キッズたちはまたもプールへ!笑

チェックアウトが11:00なのも、ゆっくりできるのでとても助かりました。正直、帰宅したくないくらいの天国で、子どもも「ここに引っ越そうよ」と言ってて、完全に同意してました!笑 帰りたくない♪

チェックイン時に鮮魚コーナーで使える10%割引券ももらえるので、お魚をお買い物をして帰るもよし、プールで遊び倒して帰るもよし、本当に素敵な施設でリピート確実です♪
うみてらす名立

うみてらす名立

海の上の食彩リゾート うみてらす名立「食べる、寛ぐ、遊ぶ」がひとつになった複合施設「うみてらす名立」
住所:新潟県上越市名立区名立大町4280-1
電話番号:ホテル光鱗直通:025ー531-6303 うみてらす名立:025-531-6300
チェックイン・チェックアウト:チェックイン14:00、チェックアウト11:00

上越市名立は景色も施設も最高!

子どもが遊べて、景色が良くて、親もゆっくりくつろげるそんな理想郷が名立にはありました。

今回は、新潟県使っ得!地域クーポン券が出たので、めったに買わないお土産コーナーでのおもちゃを選ばせてあげたり、次の日にはうみがたりで券を使ったりとっても充実したプチ旅行になって大満足(今回記載した料金はすべて税込表示です)!

新潟は縦に長く、まだまだ知らない場所ばかりだなぁと再実感しました。また家族でいろんなところに行ってみたいと思います。

名立のおすすめスポット

この記事を書いた人
さかもとみき

太平洋側生まれ太陽育ち高知のはちきん(高知で気の強い女)が佐渡島の旦那のもとに嫁ぎました。大好きなものは日本酒、苦手なものは雪。佐渡3年、新潟市1年目。スーパーはピアレマート派。二児のママでライター・コラムニストです! ブログ ⇒ 坂本、脱藩中。(http://sakamotodappantyu.com/