買い物はレジャー!五泉の市街地から外れた山裾に、たのしいスーパー「エスマート」発見/五泉市


2021年12月15日 1173ビュー
スーパーマーケット大好きの小柴ぱせりです。
ちょっとドライブにでかけた先、どの地域にも農産物直売所や地元スーパーがありますよね。そこでいつもと違う食材に出会うことがあります。主婦のみなさんは毎日のように買い物をしているので、野菜や肉や魚、違うスーパーの違う品揃えに気づくことができるはずです!
たとえば新潟のスーパーに県外の人を連れて行くと、米菓の品揃えの多さに驚かれます。米菓が商品棚一列を占めているのは県外の人にはめずらしいようです。
私も県外のスーパーでとても美味しい商品に出会いました。それはその地域にしか売っていない郷土食の加工品で、優しい値段で、よくリピート購入しました。
そういう出会い、楽しいですよね。
 
さて今回は五泉の山裾にある、たのしいスーパー「エスマート」を紹介します。
いま話題の新しい施設にでかけたら、ちょっと足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。またひとつ楽しい気分になれますよ。
エスマートにたどり着くと「え!こんなところにあるの?」「え?お店が意外と小さい?」と、まず驚くかも。
しかし小さいスーパーながらも、こだわりの品揃え満載です。商品を紹介するPOPがそこかしこにあって、おすすめポイントをわかりやすく紹介しています。全国、いや全世界から聞いたこともないような商品を取り揃えています。
おすすめの美味しいものだらけの、魅惑の探検のはじまりはじまり~。
お店の歴史を、店長の鈴木紀夫さんにお聞きしました。
 
田上町でおじいさんがやっていた文房具店をはじまりに、昭和35年に五泉に移り祖父母が文房具や駄菓子を販売する雑貨屋、お父さんが仕出し料理すゞきやの経営を始めます。
昭和52年にはスーパーとして経営を拡大していきました。
紀夫さんはスーパーを継ごうと県外で修行していましたが、30歳で戻ってきた頃には経営状態が悪化していました。
店を息子に渡そうと頑張っている父と、立て直すために奔走した息子。
しかしこれからの人口減のなか10、20年後を考えたときに、自社製造商品の南蛮味噌の製造工場として経営形態を変え、年末か年度末にはスーパーを閉めようかと父と話していたある年の11月のこと、その事件が起きます。
 

「運命のプリン誤発注事件」

 
プリンを4個発注したつもりが、4ケース96個届いてしまったのです。
大手メーカーの味にこだわったプリンは食べてみると美味しいものの、当時としては単価が高く、売れるのか?と悩みましたが売りきらなければならない。
お客様に「美味しいプリン」だと伝えながら販売したところ、2日間で完売することができました。
後日のこと、お客様のおばあさんがやってきて、
「店長!!あのプリン、孫がばっかうんめかったってー。次いつ買えるろっか?」
(新潟弁:店長さん!あのプリン、孫がすごく美味しかったって!次いつ買えますか?の意)と、聞いてきました。
プリンは大人気商品になり、入荷するたびに売上数を伸ばし、ついに売上日本一の記録を作りました。
 
おばあさんは美味しいと喜ぶお孫さんの顔が見たくて、自分のためではなく孫のために買いに来るのだと、紀夫さんは気づきます。
美味しいものを美味しいと伝えて売れば、お店が遠くても、クチコミでお客様は買いに来ることにも気づきました。
「美味しいものと出会う喜びや、美味しいものを食べる喜びを提供する」
そんな美味しいものが揃っている店にすればいい。
安さを求めるのではなく、やり方次第で、店は続けられると気づいたのです。
 
「いまは店を辞めるのをやめている途中。途中が続いている」と、紀夫さんは話していました。
 
商品はスタッフ全員で食べて確かめます。
単純に美味しいもの。原材料が自然なもの。生産者が小規模で、良いものを作りたいという想いがつまっているもの。また食べたいとリピートできる金額のもの。
それらを基準にお店の商品が増えていきます。
「紹介する」をテーマに、お客様と一緒に美味しさを共有し、売り場を作り上げているのです。
そんなエスマート、2021年12月現在、店長のおすすめはこちら!
 
1、 不動の自家製「なんばん味噌」
冬季限定ゆずなんばん味噌が発売になりました。
2、 自家製「とろサバレモン挟み」
脂ののったとろサバは美味しいですよ!
私は魚焼き器で焼いたら、中で燃えそうになったことがあります。苦笑
そんな人(私とか)には、ホイル焼きがおすすめ。
3、 会津熊野屋「生クリームどら焼き」
生クリームとあんこのバランスが秀逸。ときどき限定の味を発見します。
私も寄るたびに買い、この前キャラメル味を食べましたがこちらも美味。
11月下旬から年末までは、限定数販売「にしん糀漬けのもと」も、おすすめ
阿賀町津川の山崎糀屋が、正月ににしん漬けを食べる郷土文化を残したいと作った簡単にニシンを漬けられる糀漬けのもと。エスマートでは、作り方を教えながら売っています。
完成したものが店頭にもあるので、味を確かめてから作ることもできます。
「昔はおばあちゃんが作ってくれたけど、いなくなったから、もう食べられないと思っていた。簡単に作れるのが嬉しい」と、来る人来る人購入していました。大人気です。
甘酒のような甘い糀をまとった脂ののったニシンは柔らかくて美味しい。思わず私も作ることにしました。分からないところも相談すると教えてもらえます。
 
仕出し屋さんの経験を生かしたお惣菜も大人気です。卵味の濃い茶碗蒸しや、大きめのイカがごろごろ入ったいかメンチカツが私のおすすめです。え、聞いてない?
じっくりと、棚を旅してみてください。
楽しすぎて思わずいろいろ買ってしまいます。私は買いました。わはは。
エスマート

エスマート

住所 新潟県五泉市橋田389−4
電話 0250-42-4857
営業時間  10時~18時30分
定休日 毎週火・水曜日
※臨時休業する場合があります。
お問い合わせはお気軽にお電話ください

さらに足を延ばして・・・

新津丘陵をまたいで車で16分ほど、「にいつフードセンター」小須戸店も、地元新潟の商品にはじまり、美味しいこだわり商品、飲食店コラボ商品と、魅力ある品物が揃っています。ぜひ寄ってみてください。

 あなたの町のスーパー探検、旅先のスーパー探検、おすすめです!
にいつフードセンター 小須戸店

にいつフードセンター 小須戸店

住所 新潟市秋葉区小須戸108
電話 0250-38-2911
営業時間  (通常)AM10:00~PM8:00 (日曜)AM9:00~PM8:00
ベルシティ店/パルス店/加茂店/荻川店/白根店/加茂五番町店/五泉店

今回寄ったところ

この記事を書いた人
小柴ぱせり

72年新潟市生まれ、99年結婚、夫婦二人暮らし。イラスト描きます。 読書、創作、映画、音楽、演劇、着物など、文化系多趣味で、ちょっと?鉄子。企画運営好き。 15年-18年は信州暮らし。
https://314musubiya.9nzai.net/