焼肉の聖地「さんきらく」で煙に包まれる。カルビジャンボが激安で庶民の味方!/三条市


2021年12月21日 3154ビュー
こんにちは、三条市在住ライターの渡辺まりこです。
 
今回は三条市民なら知らない人はいないのではと思われる、焼肉の名店をご紹介します。

その名は、「大衆焼肉 さんきらく」。
 
「大衆」と冠する店名から、庶民の味方的お店であることは想像してもらえるのではないでしょうか。
 
とにかく「安い・美味い・早い」の三拍子がそろった、通い詰めたくなるパーフェクトなお店なのです。
 
大人気のため平日も混雑必至。
 
というわけで、早めの時間を狙って平日17時半にお店へ行ってみました。
 
私、主人、小学生息子、幼児娘の4人でお腹いっぱい食べます!

商店街にひっそりと佇む大衆焼肉店

居酒屋や金物屋、呉服店などが並ぶ本町商店街。その一角にさんきらくはあります。
 
駐車場はお店から50m離れた辺りに、20台ほど用意されているので車で来店もOK。
 
ゆったりとした駐車場に車を停めて、徒歩でお店へと移動します。
入口付近には「値上げしません!!」と書かれた貼り紙が…!
 
食材の値上がりが深刻化している昨今、値上げしない宣言するさんきらくの潔さに感服します。

店内に入ってみると、17時半の時点で数組のお客さんが食事中で、店内には白い煙がモクモクと漂っていました。
 
ここ数年、焼肉屋といえば、無煙ロースターが主流で、服に煙の匂いがつかないような配慮をする店が増えていますよね。
 
しかし、さんきらくにおいては、煙が立ち込めていて当たりまえ。
 
もちろん換気はしているようですが、店内に煙が充満している感じが、「肉を食べまくる!」という高揚感を高めてくれるんですよね。


(もちろん感染対策はしっかりしていますよ!)
 

大人2人、子供2人の計4人で予約して通された席は、こちらの個室でした。
 
子連れでも周りを気にせず、ゆっくりと焼肉を楽しめるのは最高!
 
それではさっそくメニューを選ぶとしましょう。

圧倒的に安い!懐にやさしすぎる良心的価格

こちらがさんきらくのメニュー。
 
初めてこのお店に来たときは、自分の目を疑ったものです……びっくりするくらい値段が安いんです。
 
看板メニューの「赤(カシラ肉)」や「白(白モツ)」はなんと1人前・税込380円!
3人前の焼肉が一皿にのった「ジャンボ皿」は、さらに値引きされて超お得。
 
さんきらくに来たのなら、ジャンボを頼まない手はありません。
 
実はあまり知られていませんが、メニューに載っていない商品であっても、ジャンボ価格で注文できることがあるようです。
 
(気になる方は、スタッフの方に聞いてみてください)

ボリュームたっぷりのお肉たちが到着!

今回オーダーしたのは、カルビジャンボ(3人前・税込1400円)とナンコツ(1人前・税込380円)。
Bセット(赤・白・レバー・ハツ・野菜)(3人前・税込1,000円)。
 
注文してから数分でササっと提供されまして、その手際の良さも素晴らしいです。
個室に用意してあったマッチで、ロースターに火をつけて鉄板を温めたら、いよいよ肉を焼いていきましょう。
 
鉄板のサイズが小さいので、ギュウギュウに敷き詰めてお肉を並べます。
 
だんだん個室が白い煙に包まれ、食欲がそそられる肉の脂の匂いが立ち込めてきました。
 
「早く食べたーい!」と子供たち。肉が焼ける様子を眺めているだけでたまらないようです。
卓上に置かれた焼肉のタレは、甘口と辛口の2種類。
 
ただしラベルが貼っていないので、どちらが甘口で、どちらが辛口かは食べてみないとわからない(笑)
 
通は甘口と辛口を混ぜ合わせて使うそうです。
さぁ、お肉が美味しそうに焼けました。
 
まずはカルビを焼肉ダレにつけて、いただきまーす!
 
口の中に肉をほおりこむと、じんわりと肉の甘みが広がっていきます。
 
噛みしめる度にうま味が広がり、ジューシーなお肉が最高!
 
さんきらく鉄板メニューの赤(カシラ肉)は、ニンニク醤油タレがしみ込んだお肉で、適度な歯ごたえが「肉喰ってます!」という幸福感でいっぱいにしてくれます。
 
白(白モツ)もタレがしみ込んでいて、フワフワで柔らかい食感。

脂っこくないのでいくらでも食べられちゃいます。

肉だけじゃない!サイドメニューもはずれなし

子供たちが「オレンジジュース飲みたーい!」とねだるので、オーダーしたらペットボトルのジュースとガラスコップが運ばれてきました。
 
こういうラフさが、大衆焼肉屋らしくて大好きなのです。
おにぎり(2個・税込380円)もオーダー。
 
大きさはコンビニおにぎりの1.5倍以上でデカいです。
 
今回はサケおにぎりを注文しましたが、具材は梅、昆布、ノリにすることもできます。
締めのお茶漬け(税込・380円)。
 
サラサラっと食べられる超絶品なお茶漬け。
 
子供たちと取り合うように食べました。
今回はオーダーしませんでしたが、さんきらくの隠れた名物「キャベツの千切り(税込380円)」はジャンボサイズに変更もできるそうで、次回絶対に頼みたい!
 
「オニオンスライス(税込280円)」や「長ネギの千切り(税込180円)」も気になりました。
白い煙がモクモクと立ち込めるなか、鉄板で肉を焼いて食べるのは幸せなひとときですね。
 
時刻18時半を過ぎた頃、店内を見渡すと、満席に近いくらいお客さんでいっぱいに。
 
仕事帰りと思われるサラリーマン、近所のおじさん、家族連れなど、さまざまなお客さんが笑顔で肉をほおばっていました。
ちなみに、さんきらくでは一人客の来店もしやすいです。
 
こちらのカウンター席は、一席ずつ飛沫防止パーテーションで仕切られています。
 
この日は、仕事帰りと思われるスーツ姿のサラリーマンが、サクッと一人焼肉を楽しんでいるのを見かけました。
店内では、待ち時間にどうぞとばかりに用意された漫画を発見。
 
『味いちもんめ』『将太の寿司』『釣りバカ日誌』など、大衆焼肉店にふさわしい懐かしさを感じさせる絶妙なチョイスです。

安くてうまい庶民の味方の焼肉店って最高

家族全員がお腹いっぱい大満足になって、お店を後にしました。
 
大人2人、子供2人で食事をした合計は……税込3,900円!
 
安すぎて申し訳ないくらいですが、満足度が高くてコスパ最強なことに感動。
 
何度も足を運びたくなる三条市民の気持ちが、本当によくわかります。
 
ちなみに常連になると、裏メニューを注文できるという噂も聞きつけました。
 
これは何度も通わねばです……!
大衆食堂 さんきらく

大衆食堂 さんきらく

住所:新潟県三条市本町1-8-4 
電話番号:0256-35-4405
営業時間:16:00~23:00
定休日:年に数回(不定休)
駐車場:20台

この記事を書いた人
渡辺まりこ

新潟県三条市在住のフリーライター。主人が“金物のまち”を代表する職業の包丁職人ということから、地場産品に興味が芽生え、ローカルのおもしろさを日々発信中。 これまでの執筆実績はブログで紹介しています。http://www.watanabemariko.com/