越路に春をさがす旅!/長岡市


2022年04月20日 2927ビュー
こんにちは!
長岡・柏崎地域振興局★ふらっと旅を楽しみ隊 おはぎです!

地方に住んでいると通勤通学以外では積極的に使う機会がない公共交通機関。
『バス』や『電車』を使うことで近場でも小旅行気分が楽しめるんです。

公共交通機関でニッチな長岡を旅するべく、今回は電車とバスを使って長岡市越路エリアにすごく有名な春を探しに行ってきました!
今回のスケジュールがこちら!
この記事の取材日は2022年3月6日日曜日。
現在とは状況が異なることがありますので、旅行の前に最新情報のチェックをお願いします!

それではさっそく旅日和とは言えないお天気ですが、長岡駅から元気に出発です!

長岡駅を電車で出発!
本日最初の目的地は『塚山駅』。
塚山駅から徒歩圏内に、古くからある落ち着ける温泉宿があると聞いたので、日頃の疲れをいやすべくまずは温泉に入ってご飯を食べたいと思います。

今回『塚山駅』へは『直江津 行き』の電車を利用。
直江津方面行の電車はSuicaの使えない無人の駅がとても多いので、無人駅で降りる場合は事前に降りる駅までの切符を買うのがおすすめ!
電車内で現金での清算もできますが、切符を買わない場合は小銭の準備をしておくとスムーズに降りられます。
ちなみに、新潟の電車は待っていても扉が開かないのでドア付近にあるボタンを押して乗り込みます!
ボタン押すのちょっと楽しいですよね。

乗り込んだら中からボタンを押してドアを閉めると乗っている人が寒くないのでおすすめです!
長岡駅を出て電車にゆられること20分
車窓から見える景色に不安を覚えながらも運賃箱に切符を入れて塚山駅に降りたったら…

あたり一面猛吹雪!!!!
え、うそ。
こんなに降るなんて聞いてない……! めちゃくちゃ寒い――――!!!

温泉、早く温泉であったまらないと凍える…!

凍えなくてすむように足早に駅前の横断歩道を渡り今回の目的地『西谷鉱泉 中盛館』さんを目指します。
『西谷鉱泉』は江戸時代に猿が入浴していた温泉を見つけたのが始まりといわれるほど古くから地元の人に愛されているお宿ということでとても楽しみ。わくわく。
道中荒れ狂う消雪パイプは冬の名物詩!
たくさん働いて一生懸命雪を溶かしている消雪パイプを避けながら散歩するのにちょうどいい自然豊かな道を歩きます。

道はくねくねしているものの、基本的には一本道なので意外に迷子にならずに楽しんで歩けます。
お!道が開けた…!と思ったら
大きな川!!!!!
雪景色も相まってすごくきれい!
寒さをちょっとだけ忘れちゃいました。

シャッターを押す手が寒くて震えていたのでほんとちょっとだけだけど!
きれいな川を渡ってから右手に曲がってまっすぐ歩き続けると見えてきました。
目的地の『中盛館』さん!

あったかい温泉と美味しいご飯が最高の『中盛館』さん

西谷鉱泉 中盛館

※要予約
https://www.chuseikan.co.jp/
住所 〒949-5121 新潟県長岡市西谷480
電話番号 0258-94-2417

大きなバスの横をするっとぬけて、玄関に入ると広いエントランスには大きい書。
この書は東京の手すきの紙を扱う専門店『紙舗 直』の店主で紙作家の坂本直昭さんが書かれたものだそう。
その他にもありがたそうな像や置物がいっぱい!

しずかで落ち着く雰囲気。
エントランスにある受付に声をかけてチェックイン。
今日は春を探しに行くという目的があるので日帰りプランで事前に予約しておきました!
受付に声をかけると若くて優しいオーナーさんがお部屋に案内してくれました!

今日のんびりさせていただくお部屋は布袋の間!
Wi-Fiもあってお茶セットもある至れり尽くせりの客室は黒い畳が特徴的な和室です。

なんて贅沢!
先ほど受付で食事の時間の希望を聞いてもらえたので、ご飯の前にお風呂に浸かって凍えた体を温めます!

館内に漂うご飯の香りがすごく食欲をそそるけどまずはからだを温めるぞー!!!
一階の奥にある趣のある廊下。
効能などがかいてある額が。

明治時代に書かれた効能書きなので、内容は全ては読めないけどすごく歴史を感じる…!
お花の写真なんかもあって、このあたりすごく自然を見て回るだけでも楽しいんだろうなと思いました。雪のない時期は散策がはかどりそう。

つきあたりを曲がると男湯と女湯ののれん。
え!!!!待って!!!!!?
タオルが…!!!!!!

タオルが無料…!!!?
すごーい。
身軽で旅したい私にはめちゃくちゃ嬉しいタオル無料…!

有難く貸タオルをお借りして待ちに待ったお風呂!

落ち着く広さの浴場は外からの光が差し込んですっきりする気持ちになれます。
お湯はクセがないさらっとした透明なお湯で、じっくり体を温めてくれます。
さっきまでの寒さが嘘のようにポカポカ。

天井からぽたりぽたりと落ちてくる雫もいつまでもつかっていられる程よい温度のお湯と相まってすごく落ち着くひととき!
お風呂場にはメイク落としもあるので女性には嬉しい限り。

さいこぉー!

お風呂は上がってからもずっと体がぽかぽか!
お部屋に戻ってからもぽかぽかの体には窓を少し開けると雪が降っている外の空気がとても心地よく感じて、そんななかたたみでごろごろできる贅沢。
疲れ全部吹き飛んでしまう…。

コンコン 「お食事をお持ちしましたー」

油断してごろごろしまくっていたらご飯の時間!
 
ご飯だ―――!!!!!! 今回はちょっと奮発して華コース2,000円。(2022年4月から2,500円)

すごい!思っていたよりもボリュームがあって豪華!
地元の味覚が満載のお料理がテーブルに並んでテンションが上がります。
揚げたてサックサクのフライやお出汁の味がふんわり美味しい茶碗蒸し。
具だくさんのお味噌汁やめちゃくちゃ美味しいホウレンソウの胡麻和え…!
毎日市場から仕入れている新鮮なお刺身と優しいお味のふろふき大根。

どれもみんなやさしくてほっこりおちつく味たちですっごく美味しい…!!!

量が多すぎて食べられないかもーなんて一瞬思ったりもしましたが美味しすぎて箸が止まらない。
気づいたら完食していました。

おなかいっぱい…!
幸せ―――!

中盛館さんの近くは地元の人が整備したホタルの群生地があるそうなので、今度はゆっくり宿泊もいいかもしれないと思いました。

駅も近いし、また電車で来るのもいいかも。


なんて、気づけば日帰りプランなのを忘れるぐらいすごく落ち着いてしまっていました。
満足感がすごい…!

旅の目的忘れかけていましたが、気を取り直して次の目的地に向かうべくバス停へ!
中盛館さんありがとうございました!!!

暖かい温泉と美味しいご飯で平日の疲れを吹っ飛ばしたので越路の春を探しに行きます!
さらなる冒険にでかける準備は整った…!


ほんのちょっとだけバス旅!
塚山駅のすぐ近くにある『塚山駅前』バス停から、有名な春に会いに『塚山活性化センター』さんに向かいます。

がんばれば歩いても行ける距離。
でも寒いので今回はバス!

『塚山活性化センター』は『長谷川邸前』が最寄りのバス停なので、バスをバス待ちの小屋の中でひたすら待つ。

雪かき用のシャベルが置いてあって、バス待ち時間に雪をひとかきしてね!という掲示があるのも雪国あるあるといった感じでおもしろい。

そんなことを思っていたらバス!
寒いのでほどほどの距離は歩きたくない私をのせてくれる優しいバス。

今回のせていただく越後交通さんのバスは後ろから乗り込むタイプ。
都会のバスは前からが多いですが、新潟は後ろから乗り込むタイプなのでご注意!

バスの乗り方に不安のある方はぜひ越後交通さんのバスの乗り方をチェックしてください!
大きく空いた後ろのドアから乗り込んだら、入口すぐにある整理券を必ず取るのが重要!
この整理券番号でバス車内にある料金表と金額を照らし合わせて降車時にお支払いします!
Suicaは使用できないので現金のご用意を!

バスの中には両替機が設置されていて両替も可能なので、小銭がない場合は停車時に両替をしてくださいね。
なお、両替機で両替できるお札は1,000円札のみとなっています。

広い車内は貸し切りだったので、どこに座るか悩む…。
「つぎは長谷川邸前、長谷川邸前」

バスに揺られることほんとにちょっと。
目的地の案内アナウンスが流れたので降車ボタンをぽちり。

バスの降車ボタンってすごく押したくなってしまう不思議な力を秘めている気がする。
バス旅のマストアイテムでお得に旅するゴールド免許割!

バス停でバスがしっかり止まったらバスの出口に向かいます。
運賃箱に整理券とお金を入れ……る前に!

事前に仕入れていた情報『ゴールド免許割引』をしてもらうため、免許証を運転手さんに提示します!!!
詳しくは越後交通さんのゴールド免許割引のご案内をチェック
「ゴールド免許割使えますか…?」
「はい、大丈夫ですよー」

ほんとに使えるか、見せ方がこれであっているかめちゃくちゃ不安でしたが使えた!
すごい!

運賃180円が50円引かれて130円に。
すごいーーー!!

土日バスで移動するときは積極的にゴールド免許をちらつかせていきたい!!!
無事に長谷川邸前で下車。
ここが有名な長谷川邸か…!

閉まっているようだし今回は寄らないですが!
長谷川邸を向かって左に進んでいくと『三波春夫顕彰碑 昔話とほたるの館』の看板が。
新潟県を代表する有名な『春』といえば、県民栄誉賞を受賞している『三波春夫』さんしかいませんよね!!!
看板の案内で進んでいくとおおよそ10分かからないぐらいで目的地。
『塚山活性化センター』到着です。

 隠れた魅力がいっぱいの『塚山活性化センター』

塚山活性化センター(昔ばなしとほたるの館)

住所 〒949-5123 新潟県長岡市塚野山5141
電話番号 0258-94-2015

ここが越路のゆるキャラ、るんるんの群生地…。

中に入ると開けた室内に設えた昔ながらの囲炉裏とおばあさん。
なんとこちらではたくさんの昔ばなしを見ることができるんです!!!

「昔あったてんがのぉ」

と独特な語りで始まる昔ばなし。

大手のアニメ制作会社が制作したアニメーションの数々は時間を忘れて見れてしまう高クオリティの作品ばかり。
ずっと長岡に住んでいるのにこんなすごいコンテンツがあるの知らなかった…。
全ての映像を楽しむと1時間ぐらい見ていられるのではという驚きの大ボリューム。
その他にも塚山地域に関する展示や、三波春夫さんに関する展示室があるので、地元の自然を学んだり、アニメを見たり、三波春夫さんのことを知りたい方にすごくおすすめの施設です。
そんな塚山活性化センターの周りは一面雪景色。
施設のお隣にある駐車場を抜けると現れるのが

そう、三波春夫さんの像!!
しっかりと雪囲いをされて雪原にたたずむ三波春夫さん。
大きい―――!!
なんとこちらの三波春夫さんの像は、歌を歌ってくれるんです。
さっそく唯一知っている『世界の国からこんにちは』を再生。
雪原に響き渡るいい歌声!!!!
音質もめちゃくちゃいい!!!!

すごくない!!?
世代的に三波春夫さんについては詳しくなく、『世界の国からこんにちは』しか知らなかったのですが、歌唱されるどの歌も気分がすっきり晴れ渡るような歌声で、何度もボタンを押しては曲を堪能してしまいました。

さすが越後が誇る『春』…!

春が待ち遠しくなるような気持のよい歌声を聞いたら今回の旅もおしまい。

帰りはバスで長岡駅へ。


帰路

帰りのバスは長岡駅行。
間違えずにバス停の前で待ちます。
長岡駅前のバス来た!
帰りのバスはちょっと長めの50分弱。

雪道を歩いたりおなか一杯美味しいものを食べたりいい歌をきいたりしたので心地よいバスの揺れで少しうとうと。
時々バスの車窓から外の景色をのぞいてみると、普段とは違う景色に見えるのは車の時よりも視線の位置が高いからかも?

1時間近くバスに乗るなんて大丈夫かななんて思ったりしましたが、乗ってみると意外とあっという間に長岡の中心部。

長生橋。
まちなかキャンパス。
そして終点長岡駅!
到着―――!
バスに乗るときに取った整理券の番号が8番なので、運賃は530円!
だがしかし!!!!

昼間に使った越後交通のバス旅マストアイテム『ゴールド免許』があるので480円で乗れてしまいました!!!
何度でも使えてすごいお得…!!!!
ゴールド免許持っててよかった―!

運転手さんに免許証を見せて480円お支払いしてただいま長岡駅――!
温泉に入って美味しいご飯をおなか一杯に食べて、景色も眺めて、元気になれるコンテンツがたくさん見れた越路で春を探す旅でした!

1日の出来事とは思えないぐらい充実の小旅行でした。

今回の旅の協力先
  • ​越後交通株式会社 様
  • 西谷鉱泉 中盛館 様
  • 塚山活性化センター 様
  • 長岡市越路支所 産業建設課 様

ご協力ありがとうございました!

今回の旅で訪れた場所

この記事を書いた人
長岡・柏崎地域振興局★ふらっと旅を楽しみ隊

地域で親しまれている隠れたスポットや住民ならではの贅沢な時間の過ごし方があります。
初めて訪れた方でもバスや電車でふらりと行けるプチ旅行や時間の過ごし方をレポートします。