約4,000冊の本に囲まれ、いつもと違う時間の流れを過ごす一日「カーブドッチヴィネスパ」/新潟市


2022年06月22日 818ビュー
こんにちは。
「現実逃避」というと若干聞こえが悪いけれど、時には絶対必要!と思っているリアルエスケープライターの中林憲司です。
 
新潟市西蒲区にあるカーブドッチワイナリー内にある温泉施設「カーブドッチヴィネスパ」が、このほどリニューアルオープンしました!
 
「慌ただしい日常からしばし離れ、積極的に現実逃避しよう」と思い訪れたところ、

予想をはるかに上回る非日常の癒しの空間でした。

体を休めるだけの日帰り温泉施設とは一線を画す、脳や心もリフレッシュできる時間を楽しめる「カーブドッチヴィネスパ」をご紹介します。

カーブドッチヴィネスパ

北陸自動車道の巻潟東インターから約25分。新潟市西蒲区「角田山」の麓に広がる広大なぶどう畑に囲まれたカーブドッチワイナリー内にある温泉施設が「カーブドッチヴィネスパ」です。
カーブドッチワイナリーらしいオシャレで落ち着いた雰囲気の外観です。訪れていたお客さんは、カップルや家族連れなど老若男女さまざま。1人で利用している人も多くいました。

それでは中へ!

約4,000冊の本が10のテーマで収められた「知と癒しの空間」

リニューアルしたカーブドッチヴィネスパは、約4,000冊の本とワインが楽しめる「知と癒しの空間」に生まれ変わりました。
 
2階建ての施設のそこかしこに本棚が設置され、さまざまなジャンルの本が並びます。気になる本を自由に手に取り、好きな場所で読むことができます。なお、全ての本は購入も可能です。
 
そして特徴的なのが、「10のテーマ」に選書されていて、エリアごとに本が収められているという点です。
こちらはカーブドッチヴィネスパ内にある「レストラン湯楽」や、カフェカウンターの近くにある、「食べて、飲む」をテーマとしたエリア。
 
カーブドッチらしい「自然派ワイン入門」や「ワイン学」など、ワインに関する本がありました。他にも料理やお弁当に関するものや、お茶やコーヒーに関する本などが並んでいました。
私がもっとも惹かれたテーマのエリアがこちら。
 
「世界を旅する」
 
世界の風景が楽しめる写真集や、日本のおもしろスポットが紹介されている本、冒険記などが並んでいました。
このエリアでは本を読んでくつろげる場所が、2段のソファ席になっています。座り心地のいいソファと程よい仕切り具合が、とても過ごしやすい場所でした。
ソファ席の前や脇にも「旅」に関する本が並んでいます。旅本のページをめくり世界の風景などを眺めていると、ワクワクしてきて旅に出たくなりますね~♪
こちらは「こどもの心」がテーマのエリア。絵本が中心に選書されています。
上半身が隠れるほどの大きな絵本を発見!親子で楽しめそうな絵本がたくさんあります。子どもが本に興味を持つきっかけの場所になるかもしれませんね!
浴室の入り口付近にある本は、「からだを整える」「こころを整える」がテーマのエリア。
 
温泉施設らしいコーナーで、人体に関する本のほか、最近注目を集めるヨガやサウナの本などがありました。
浴室付近のエリアは、絨毯が敷かれていて、足裏の気持ちいい感覚を楽しめました♪
 
「カーブドッチヴィネスパ」は、カーブドッチワイナリー内の施設の中で、唯一裸足でくつろげる施設
 
エリアによって異なるさまざまな足裏の感覚を楽しむことができます。
なんと、本棚の中にも席があります!まさに本に埋もれながら過ごせる場所ですね。
2階から中庭を眺めて過ごせる広いカウンター席も開放感抜群です。パソコンで作業をしている人がいました。
 
温泉や読書だけではなく、コワーキング利用も可能で、お仕事や資格の勉強で利用する人もいるとのことです。カーブドッチワイナリー全体を楽しみつつ、「ワーケーション」や「スタディーケーション」として過ごすのにも最適な場所ですね!
天気が良いときには、中庭で過ごすのがGOOD!!!
 
縁側席やベンチ席のほか、アウトドア用のクッションが用意されています。
 
木の緑と心地の良い風を感じながら読書をして、気持ちよさそうに過ごすお客さんの姿がありました。
 
なんでもリニューアル前は、スマホをさわっているお客さんが多かったようです。しかし、リニューアル後は、本を手に取って過ごすお客さんがとても増えたとのことです。
 
10のテーマに選書されたブックラウンジは、珍しい本や気になる本がたくさんあり、「スマホをさわっている時間はもったいない!」と思えるほど。
 
落ち着く空間を堪能しながら、本との出会いを楽しむことができました。

10の選書テーマ

「食べて、飲む」「動物が好き」「からだを整える」「こころを整える」「自然のうつろい」「芸術を見つめる」「世界を旅する」「こどもの心」「私だけのこだわり」「よのなかどうなる?」

カーブドッチならではのワインやスイーツを一緒に♪「カフェ&ワインバー」

この度のリニューアルでは、「カフェ」「ワインバー」カウンターも設置されました。
 
カーブドッチワイナリーで造られたワインはもちろん、ワインにあうおつまみや自家製スイーツ、ソフトドリンクなどが豊富に用意されています。
注文したのは、赤ワイン「2020ツヴァイゲルトレーベ」と、「薔薇のクリームソーダ」。そして、ワインのお供に「シェフのパテドカンパーニュ」
芳醇な香りを感じる赤ワインと、上品でワインにぴったりのパテドカンパーニュ。
 
本を片手に、優雅に嗜みながら過ごす時間。まさに「非日常」です♪
ソフトドリンクやジェラート、ケーキなどの自家製スイーツなども充実。「薔薇のクリームソーダ」は、味だけでなく見た目も楽しめました。
 
なおカフェは、朝7時からの朝風呂タイムに合わせ、7時30分からオープンしており、「モーニングセット」を提供しており、朝イチから温泉と本とカフェを楽しめるとのことです!
(写真提供・カーブドッチヴィネスパ)
本やカフェの充実ぶりで忘れてしまいそうでしたが、温泉が素晴らしいことは言うまでもありません!
 
カーブドッチヴィネスパは、2つの源泉が楽しめるという特徴があります。内風呂のほかに広い露天風呂があり、特に緑に囲まれた露天風呂は開放感が抜群です。
 
読書と入浴を交互に楽しむ・・・

なんて贅沢で尊い時間なのでしょう・・・
カーブドッチヴィネスパは、日帰り温泉施設としてのイメージが強かったのですが、宿泊もOKです!
 
宿泊棟が併設されており、和洋室合わせて7部屋が用意されています。
こちらは洋室の「ミモザ」。お部屋の面積は約55平方メートル。広々とした室内と落ち着いた大人の雰囲気の部屋です。
ベランダからの景色の素晴らしさたるや!!!広大な敷地に広がるぶどう畑と、角田山の雄大な姿が広がっています。
 
ワイナリーの中で滞在しているという感覚を、全身で感じられる宿泊施設です。

「いつもとちがう時間の流れ」を感じる空間で過ごす一日

(写真提供・カーブドッチヴィネスパ)
 
「帰りたくない・・・」

最高の現実逃避をした後は、こんな気持ちになるのは仕方がありませんね(笑)
 
本当に居心地がよく、「絶対にまた訪れたい!」と思える時間を過ごすことができました。

本とワインと温泉の癒しの空間にリニューアルした「カーブドッチヴィネスパ」へ、いつもと違う時間の流れを感じに訪れてみてはいかがでしょうか。
カーブドッチヴィネスパ

カーブドッチヴィネスパ

住所:新潟県新潟市西蒲区角田浜1661
営業時間:7:00〜22:00(木曜日のみ 10:00〜22:00)
入館料:
① 温泉入館料 1,000円(税込)、平日夜間入館料(17:00〜22:00)700円(税込)※ブックラウンジも利用できます
② ブックラウンジ入館料 1,000円(税込)、平日夜間入館料(17:00〜22:00)700円(税込)※お好きなワンドリンク付き、温泉は入れません
TEL:0256-77-2226
※小学校入学前のお子様のご入館はご遠慮いただいております。予めご了承ください。

カーブドッチヴィネスパ

この記事を書いた人
中林 憲司(なかばやし けんじ)

1978年新潟県加茂市出身。サラリーマンからライター&ブロガーに転身し第二の人生をスタート。愛する新潟と人生を探訪中。
「にいがた探訪ブログ」(https://nakabayashikenji.com