食べるケア美味しく食べて元気になれる新潟でおすすめのお気軽な薬膳メニューのお店3選/新潟市


2023年01月05日 594ビュー
年末年始は大忙し。

少しお疲れがたまっていませんか?

そんなときは体に優しい薬膳で
体を労わってあげてはいかがでしょうか。

薬膳と聞くと 臭い、苦い、マズイ。
そして、なんだか敷居が高そう。

そんなイメージがあるかもしれませんが
全然違ったんです。

美味しく食べて元気になれる薬膳メニューが
新潟にありました。

今日は、新潟市にある
気軽に薬膳メニューが楽しめるお店3選
をご紹介します。

気軽なのに本格派 薬剤師さんもいる『漢方カフェめぐり』

始めにお伺いしたのが
新潟市中央区米山 北越高校の近く

哈爾濱(ハルピン)漢方薬局内にあります
『漢方カフェ めぐり』さんです。
漢方薬局の右側にカフェの入口があります。

敷居が高いと思われがちな漢方の世界を
もっと身近に感じてもらえるようにと

薬膳スイーツやドリンクを
誰でも気軽に楽しめるカフェとして
2018年にオープンしました。
店内は明るく居心地の良い空間で
男性の方やお一人でゆっくりと過ごされる方も多いそうです。

こちらでいただいたのは
薬膳茶とお菓子のセット(950円税込)です。
数ある薬膳茶の中から
その日の体調や気分に合わせたものをチョイス。
メニュー表に効能などが書いてありますので
気になる症状から選ぶこともできますし
体質チェックシートで
体質に合ったお茶を選ぶこともできちゃいます。

その中から私が選んだのは
ローズと紅花の優雅な香りが楽しめる
『美巡茶』(ビジュンチャ)です。
(単品は600円税込)
血流を良くし血を補う働きがあるそうで

月経前のイライラ、月経痛
冷え性、むくみ、疲れなどが気になる方にも
おすすめだそうです。

薬膳茶と言っても飲みやすくて
ローズの香りが心地よく美味しくいただけます。

セットのお菓子はお客様から大好評だという
こちらのマフィンを選びました。
クコの実、乾姜など薬膳食材が入った酒粕マフィン(単品430円税込)
※店内飲食は単品440円税込です

ホカホカでふわっふわなマフィンを
そっと口に運ぶと八海山の酒粕の香りが
ほんのり優しく口に広がります。

一見シンプルな見た目ですが口に入ると別世界。

私の舌と心を存分に喜ばせてくれました。

ここまで美味しい上に体にも良いなんて・・・
薬膳の枠を飛び越える美味しさが衝撃的です。
ずらりと並ぶ薬膳茶
薬膳鍋キット、クッキー、チョコなどなど
豊富なラインナップに目移りしちゃいます。
八海山の酒粕使用のビスコッティ(500円税込)
お酒のお供にピッタリと男性にも人気だそうです。

店内の商品には
厳しい農薬検査にクリアした
厳選した茶葉、薬膳食材を使用。

加茂農林高校で育てられたこだわり卵
新潟県産の米粉
八海山の酒粕を使うなど

ここでしか出会えないとっておきばかり。

「お客様により健康になっていただき元気に過ごして欲しい」

という想いが材料へのこだわりからも伝わってきました。

そして
全国的にも珍しい薬剤師さんがいるカフェ
という点にも注目です。
こちらが薬剤師であり
薬膳コーディネーターでもある
長澤奈恵さんです。

柔らかい雰囲気と優しい笑顔で
私も早速ファンになった長澤さんですが

深い知識を初心者にも
かみ砕いてお話しくださるので
薬膳のことがより身近に感じられると思います。

「未病を伝えるカフェなんです」
とおっしゃっていましたが

体の専門家がいらっしゃって
気軽に相談ができるカフェなんて
そんな場所 他にありませんよね。

※長澤さんがお店にいらっしゃるのは
基本的には月曜・土曜だそうです。
カフェから漢方の調剤室が見えます。

蔦屋書店新潟万代でのセミナー
月曜日に提供される薬膳カレーランチ
も大好評だそうですよ。

(ランチお休みの日あり。HP・Instagramにて予定をご確認下さい)

カフェとして楽しむもよし。
体のことをちょっと相談してみるもよし。

『漢方カフェめぐり』さんなら
きっと期待以上のものが受け取れると思います。

※季節で変わる薬膳マフィンは
テイクアウトや冷凍での発送もできるそうです
漢方カフェ めぐり

漢方カフェ めぐり

新潟市中央区米山5-14-13
TEL・FAX:025-250-1118
定休日:木曜・日曜・祝日
営業時間:
11:00~17:30(L.O17:00)
席数:6席
駐車場:あり(お店の奥)
(哈爾濱漢方薬局前も1台程度なら可能)

新潟の地元野菜とこだわりスパイス 新潟薬膳カレーRicca(リッカ)

続いてお邪魔しましたのは

新潟市江南区嘉木
曽野木中学校の近くにある
『新潟薬膳カレーRicca』さんです。

地元野菜とこだわりスパイスが自慢の
カレー専門店です。

店内は小上がりになっていて落ち着ける雰囲気。
奥には和室もあるので
お子様連れの方も利用しやすいお店です。
そして、メニューはこちら
新潟薬膳カレーです。
この中から選んだのは
2つのカレーが同時に楽しめる
よくばり合いがけカレー(1400円税込/ドリンクとセットで1500円)です。
カレー以外に
サラダ、にんじんラペ、デザートが
ぎっしり詰まったプレートです。

何よりこの野菜の存在感がスゴイですよね。

薬膳では「身土不二(しんどふじ)」といって
その土地で採れた旬のものを食べることで
元気に過ごせると考えられています。

それはお店の「地元野菜を食べよう」という
コンセプトにもつながっていて
地元 曽野木地区の農家さんを中心に
新潟県産の野菜を使っているというところが
まさに「新潟薬膳」なんです。

それではお店自慢の
辛くないトマトチキンカレーからいただきます。
おぉ、これは美味しい!

あまりの美味しさに目がパッと見開きました。

トマトのカレーだと酸味が強いものもありますが
これはじっくり煮込むことで余計な酸味が抜け
コクやうま味が凝縮されています。

辛くないから物足りないかと思いきや
スパイスの複雑な味わいと香りが広がります。
その秘密は
お店オリジナルのこだわりスパイス
「Riccaブレンド」

クミンにターメリック、コリアンダーはじめ
このメニューのためだけに
特別に調合されたものなんだそうです。
辛くないので
KID‘sカレーにも使われているそうです。

続いてはこちらの
豚あらびき肉のジンジャー味噌キーマカレーにいってみます。
ではパクリ。

!!

こっちも予想を超える美味しさです。

特徴的なのがお肉。

豚あらびき肉と言ってもかなりのあらびきっぷりで
キーマカレーの域を越えています。
約1cmのゴロっとした豚肉とひよこ豆。
食べ応えは十分です。

ピリ辛ではありますが
味噌の深い味わいもあってどんどん食べ進められます。

普通のショウガよりも温め効果の高い
金時生姜を使っているそうで
次第に体が温まってくるのを感じました。

それぞれの美味しさが際立つ2つのカレー。
こりゃ、選べないわ。

合いがけにして大正解でした。

また、ボリューミーな新鮮サラダの上には
手作りの豆乳ドレッシング。
さらに薬膳食材の陳皮がトッピングされているなど
細部にまで嬉しい心遣いが感じられます。
店内の黒板に書かれているような
こだわりの地元野菜の他にも

村上産の天然塩
純米酢、こめ油にてんさい糖など
調味料にもこだわっているそうです。

一つ一つ丁寧に作られている様子が
お料理からも伝わってきて
食べ終わる頃には自然と笑顔がこぼれていました。

また、2階の大広間をレンタルスペースとして
貸し出しもしているそうです。

コミュニティスペースとしてもご縁が広がる
温かい場所ということもあり
お店全体にとても良い空気感が漂っていました。
地元野菜をふんだんに使った新潟薬膳カレーは
私の心と体を温かくしてくれました。

※テイクアウトOKです
新潟薬膳カレーRicca

新潟薬膳カレーRicca

新潟市江南区嘉木4-3
不定期営業
(Instagram・Twitterで営業日をご確認下さい。)
営業時間:11:00~15:00(L.O14:30)
席数:23席(小上がり、和室あり)
駐車場:10台

ワンちゃんOK 新潟野菜を食べて元気に cafe HaRu-NiRe(カフェ ハルニレ)

新潟の季節の野菜を取り入れ
“食べて元気になれるごはん”を
提供しているのが

新潟市中央区新和 鳥屋野図書館の隣りにあります
cafe HaRu-NiRe(カフェ ハルニレ)さんです。

扉を開けると
看板犬のマコちゃんがお出迎えしてくれました。
看板犬がいるということは・・・

そうです、こちらは新潟では珍しい
ワンちゃんOKのお店でもあるんです。
ワンちゃんOKの1階スペース(6席)

お店に入るとすぐカウンターがありまして
先に注文するシステムとなっています。
メインメニューは5種類。

ベジタブル薬膳カレー
ハルニレ風オムライス
まぜまぜご飯
ライスヌードル(薬膳風or坦々風)
ローストビーフ丼

から選べます。

ドリンクメニューも19種類あって
ここで迷われるお客さまも多いとか。

そして、2階のカフェスペースは
ゆったりと落ち着ける空間となっています。(14席)
この日は遅いお昼だったので
Teaランチ(メイン+ドリンク/1250円税込)
をお願いしました。

※Teaランチは14:00~16:00の提供です

今回選んだメインメニューは
『ベジタブル薬膳カレー』(単品は750円税込)です。
こちらは
季節の野菜と15種類ものスパイスを使った
お店のオリジナルカレー。

整腸作用や肝機能促進、消化にも良いそうで
胃腸が弱っている時にもおススメだそうです。

市販のルーを使ったカレーとは違い
スパイスの香りが非常にかぐわしく
コクのある深い味わいが口に広がります。
雑穀米のごはんというところも
元気が出そうですよね。

辛すぎないので食べやすいカレーですが
辛いのがお好きな方は別添えスパイスをどうぞ。

粉チーズのちょい足しも
さらにまろやかになっておススメです。
体に優しいのに食べやすくて
一口ごとに体が喜んでいる感じがしました。

肉不使用というので
ベジタリアンの方でも大丈夫だそうです。

季節によって入るお野菜が変わるそうなので
旬の野菜の力をいただきながら
いつ来ても違う味わいを楽しめるのもいいですよね。

この赤いドリンクも印象的でした。
美菜レッド(単品は520円税込)

鮮やかな色は赤い野菜と果物の色。

甘くて飲みやすい上に
ビタミンCや食物繊維が摂れるという
嬉しいドリンクです。

寒い時期はホットがおすすめです。

この他に11:00~14:00のランチタイムでは

たっぷり野菜のサラダ前菜プレート
内側から温まる薬膳スープ

がセットで楽しめるそうですよ。
HPよりお写真をお借りしました

【参考情報】
ランチセット(メイン+スープ+サラダ前菜プレート/1250円税込)
はるにれランチ(ランチセット+ドリンク+デザート/1650円税込)

他にも
季節ごとで変わるパフェや
米粉やきび砂糖、豆乳などを使用した
ヘルシースイーツも人気だそうで

スイーツ目当てで来られる方も多いそうです。
時期によってパグちゃんスイーツに出会えることも。

かわいすぎる!

犬好きの方には特におススメしたい
食べて元気になれるカフェでした。
・ワンちゃん連れ、赤ちゃん連れの方は事前予約を推奨します
・テイクアウトOK
(注文を受けてから作るので電話してから行くのがオススメです)
cafe HaRu₋NiRe(カフェ ハルニレ)

cafe HaRu₋NiRe(カフェ ハルニレ)

新潟市中央区新和3-2-17 STAGE2-A
予約お問い合わせ:080-7556-8620
定休日:火曜・第2・4水曜
営業時間:
11:00~17:00
日曜のみ11:00~15:00
駐車場:お店の前2台

この記事を書いた人
古川綾子(綺麗道きれいどう)

昔から受け継がれてきた新潟の食や伝統、暮らす人たちの「こころ」を後世に繋ぎたいアラフォーママ。
新潟市秋葉区在住。普段は薬膳・畑の野菜・食を愉しみながらカラダを調えることに情熱を燃やしています。
ブログ: https://note.com/ayafull

この記事を見ている人は、こんな記事も見ています