長岡で大花火大会とご当地グルメを満喫する旅

1泊2日コース
徒歩・電車・バス
日本三大花火のひとつである長岡まつり大花火大会。夏の夜空に大きく華開く正三尺玉3連発や打ち上げ幅1.7kmにも及ぶフェニックスなど見逃せないプログラムが満載です。長岡のソウルフード・洋風カツ丼や海が近い柏崎で新鮮な浜焼きを食べてお腹も満足。花火の町・長岡周辺をたっぷり満喫しちゃいましょう。
START
【1日目】
 JR長岡駅からスタート

1

名物 洋風カツ丼でランチ

長岡のソウルフード。

新潟には二大ご当地カツ丼があります。ひとつは新潟市を中心としたタレカツ丼、もうひとつは長岡市の洋風カツ丼です。いずれも卵でとじられてはなく、これまでの”カツ丼観”をくつがえす味に出会えるはず。

洋風カツ丼は、進化の過程において大きく、“洋食系”と“食堂系”に系統が分かれ、“洋食系”は、ケチャップベースのソースを使った昭和レトロな味わいが特徴。“食堂系”は、デミグラスソースをベースとした、学生の胃袋をも満足させるガッツリ系の傾向。好みの店を探してみてください。

JR信越本線「長岡駅」よりバスで40分

2

国営越後丘陵公園

四季折々の花々に彩られる公園。楽しい遊具もいっぱい!青空の下で元気に遊ぼう!

広大な敷地を持つ「越後丘陵公園」では澄んだ青空と緑の芝生、白い雪原に挟まれて、様々なスポーツ&レクリエーションを楽しむことができます。

雪割草、チューリップ、ばら、コスモスなど、四季折々の美しい花々が咲く園内では自然散策も楽しめます。体験教室では里山の暮らし体験や、生き物、植物の観察をするのも良い経験になるかもしれません。

3

長岡まつり大花火大会

100万人を感動に包む「祈りの花火」

大河信濃川の両岸を観覧席として開催される日本屈指の花火大会。直径約650mもの大輪の華となる「正三尺玉」や打上げ幅約2㎞に及ぶ「復興祈願花火フェニックス」など、夜空を埋め尽くすほどの大型花火の数々が魅力です。
そんな華やかな花火大会ですが、昭和20年8月1日の長岡空襲で亡くなられた方々への慰霊と長岡の復興を願って翌年に開催された「長岡復興祭」が“長岡まつりの起源”であり、後に2・3日が「花火大会の日」とされ現在も受け継がれています。
長岡まつり大花火大会は、長岡市民の想いを未来へと紡いでゆきます。

●打上数:非公表

【当日のプログラム】8月2日、3日の花火のプログラム及び長岡花火の楽しみ方はこちらをご覧ください。
【長岡まつり行事】8月2日、3日の長岡まつりの行事はこちらをご覧ください。


 長岡市内または柏崎市内に宿泊

【2日目】
 JR信越本線「青海川駅」より徒歩で20分

4

恋人岬・鴎が鼻展望台

眺望抜群の恋愛成就スポットです

鴎ヶ鼻から見る霊峰「米山」と「米山大橋」の光景は、柏崎を代表する景色となっています。
また、「恋人岬」の別名で、恋愛成就スポットとして多くのカップルが訪れます。

●主な展望風景:米山大橋、福浦八景、佐渡、弥彦山

GOAL