国内で見られるのは2か所だけ!?トビシマカンゾウ大群落を見に行こう/佐渡市・大野亀


2019年06月07日 366ビュー
みなさん、“飛島萱草(とびしまかんぞう)”をご存知ですか?

この花は山形県酒田市の北西にある飛島と、今回紹介する新潟県の佐渡島のみに分布する多年草なんです。開花時期は5月~6月、黄色やオレンジの可憐な花を咲かせます。

主な生育地は ”海の近くの断崖” などだそうです。
こういった過酷な場所で咲く花だからこそ、咲いた姿が可憐で素敵なんでしょうね。

そして、佐渡の大野亀のトビシマカンゾウはまさに日本一の大群落!
見る限りのトビシマカンゾウの姿は圧巻。
一面オレンジ色に染まる景色はこの時期だけの特別な贈り物。
すぐそこは日本海。ちなみに遠くに見えるのが“二ツ亀”。
二匹の亀がうずくまっているように見える島で潮の満ち引きで景色が変わります。

海水の透明度は佐渡随一を誇り、二ツ亀海水浴場は「日本の海水浴場100選」にも選ばれています。
遊歩道もしっかり整備されているのでトビシマカンゾウをゆったり鑑賞できますね。

ちなみにこのトビシマカンゾウ、ここ大野亀の他、佐渡島内では外海府海岸や真野海岸、沢崎灯台周辺でも見ることが出来ます。

毎年、このトビシマカンゾウの開花に合わせて「佐渡カンゾウ祭り」が開催されます。

これからは美しい花の季節。
寒さ厳しい新潟だからこそ、春の花々はとても美しいです。
トビシマカンゾウ咲き誇る佐渡へ是非一度お越しください。
大野亀

大野亀

場所:佐渡市願
問合:一般社団法人 佐渡観光交流機構
電話:0259-27-5000

エリア

佐渡エリア

カテゴリー

おでかけ

季節

この記事を書いた人
きち長

たびきちのマスター。犬が大好きで猫を飼っている。

PR