佐渡奉行所跡

さどぶぎょうしょあと

天領佐渡を管理した中心地

金脈の発見により、佐渡は天領(幕府の直轄地)となり、1603年、相川に「佐渡奉行所」が置かれました。奉行の住居もあった広い施設のうち、2000年に「御役所」部分を復元。「役所」や「白洲」などの司法・行政の場に加えて、金銀を精製する「寄勝場(よせせりば)」の機能を併せ持つ、佐渡特有の奉行所の形態を忠実に復元しています。

感染症対策について

  • マスク着用にご協力ください
  • 咳エチケットにご協力ください
  • 手指消毒にご協力ください
  • 従業員の体調管理徹底
  • スタッフのマスク着用義務化
  • 消毒液常備
  • しっかり換気
  • 施設内消毒清掃

基本情報

住所新潟県佐渡市相川広間町1-1
交通アクセス両津港から車で約50分
駐車場10台
営業時間営業時間(観光) : 8:30~17:00
料金入館料:大人/500円,小・中学生/200円,15名以上団体割引あり

問い合わせ先

問い合わせ先佐渡奉行所
電話番号0259-74-2201
関連サイト

このページを見ている人におすすめの記事

ここに行くモデルコース

初めて訪ねる「佐渡島」これぞ王道!大満喫ツアー

このスポットの近くでできる体験プラン

佐渡エリアの体験プランを探す

このスポットから近い宿泊施設

佐渡エリアの宿泊施設を探す