割烹でかき氷?「伊藤屋ごおり」に行ってみた!/五泉市


2023年07月10日 13027ビュー
夏になったら冷たーい、美味しーい、アレが食べたい!!!

そう、かき氷です!今回食べに行くのは、新潟の五泉市にある割烹・仕出し 伊藤屋さんで展開されている「伊藤屋ごおり」!

割烹でかき氷?夏場は4時間の行列?グッズがかわいすぎる……気になる色々を現地に行ってリサーチしてきました。

割烹の佇まいと接客の中提供される高級かき氷

新潟市から車下道で約1時間。五泉市商店街から横道に入るとすぐ割烹・仕出し 伊藤屋さんがありました。伊藤屋ごおりはここで食べられます!

駐車場は商店街沿いなので、新潟市内から来るとナビの曲がってくださいを無視してちょっとすすんだ左にこの駐車場があります。

奥に見える家紋の建物が伊藤屋さんなのですぐ!
運よく隣の駐車場に停められた♪

満車の場合は少し離れたところ(Instagramのリンク先から確認できます)にも駐車場があります↓
私がオープン日の平日開店11時についたときもすでに待ちの行列ができていたので、夏場は特に事前に

●駐車場の確認
●オンライン予約ができるかどうか(日時指定ではなく、順番予約です)


をSNSでチェックして向かうのがおすすめです!

待ちがあるときはオンライン予約の受付がネット上でできる(すぐ入れるときは予約ボタンがない状態)ので、私の様に新潟市から向かう時にスマホから予約も可能!

なんせ人気店なので、ちょっと待つのは覚悟しながら向かいましょう~♪
さって♪夏い佇まいにテンション上がりながら伊藤屋ごおり、食べに行きます!

今日も暑いですが、大女将の打ち水のおかげで爽やかな風が吹いていました。
玄関を入ると、タッチパネルが!こちらで受付をして受付番号をもらいます。

ハイテク割烹!

2020年から始まった伊藤屋ごおりは人気すぎて、多いときは4時間待ちにもなっていました。そこで導入したのがこちらの予約システムなのだそう。導入後は待ち時間がわかりやすく、呼び出しがLINEやメールでくるのでお客さんも近所を散策しながら待ちやすくなりました。

でも呼び出しから15分をすぎるとキャンセルになっちゃうからマメにチェックしながら待とうね★
すぐ入ることができるときはこちらの入力なしでも案内してもらえますが、待ちの時はタッチ操作が必須です!

①順番受付をする
②大人の人数(小学生以上)を入力する
③子どもの人数を入力する(小学生以下)
④席の入力
⑤お呼び出し選択
⑥その内容で予約するか選択
⑦QRコード読み取り
発券シートが欲しい場合は右下の「読み取れない場合」を選択


ドキドキしてたら大女将さんが一緒に見てくれて発券してくれました♪
QRを読み込み、LINEと連動し、発券シートにもあるコードをLINEに送れば準備OK!

あとは呼び出しを待つだけ♪ワクワク~
玄関左にはゆったりできる待合室が。
お部屋の前でも待てます。壁には現在オーダーできるかき氷が!

伊藤屋ごおりの醍醐味は季節や月ごとに変わるかき氷の数々です!定番メニューもバージョンアップしたり、新登場のかき氷があったり、Instagramをチェックしたらうっかりあれもこれもたべたくなっちゃいます♪
迷うな~スイカもめちゃビジュアルかわいいからな~
ドストライクが過ぎる商品が並びすぎて全く決められる自信がない。
揺れる~想い~体中感じて~たら……

LINEで通知がきました!

伊藤屋ごおりのかき氷を食べてみた!

お部屋に入るとすぐに受付があります!ここは最初にメニューを決めて先払い制!!!

悩んでいると……
手書きで何が味わえるか書いてくれているメニューも見せてくれました。こころくばりがあったかい……!

南瓜キャラメルと最後まで悩みましたが、新潟県民大好き枝豆を使った「これが僕らのNAtsu物語」1500円(税込)に決めました(夏限定商品なので、詳細はInstagramからチェックしてください)!
お席は割烹らしい落ち着いた空間。
窓際の席も素敵ですね~!!!!
席について、待っていると……

まてまて…みんな、かき氷食べて……2個目が……来てる!!!!聞いてみたら、多くのお客様が2個普通にオーダーするらしい(初回受付時に2個頼みます。待ちがある場合食べて追加注文はできません)!

多い方は4つオーダーする方もいるらしいのです!!!!

……わかる―(丈夫な胃がうらやましすぎる)!
と思っていたら来ました!!!!!

まん丸でかわいい色で、見たことのないかき氷が!!!!
どの角度から見てもす・て・き!

食べるのがもったいない……でも!食べる!
いただきまーす!!!

……ずんだソースがまるで枝豆の冷製スープ。洋食店に来た気分です。

崩していくと中には小豆が入っていて、甘さを期待して口に入れると、チーズソースの風味が一緒に駆け抜けていきます。うまっ。

甘さと上品なチーズの味がマッチして止まらない。

枝豆はプリプリで散らされた黒コショウがアクセントになり、次々と口の中の味が変わっていく。

後半、オリーブオイルをかけるとさらに味変が叶います!!!

「映えをよくするために、味を犠牲にしない」がモットーだと聞いてましたが、最初から最後までかき氷の味を堪能できました!

新潟県五泉市村松で約50年の歴史を持つ割烹がかき氷で大盛り上がり!

割烹でのかき氷提供は、現店主さんの息子である伊藤彰規さんが東京の洋食店で修業をつみ、戻ってきて「割烹に足を踏み入れてほしい」「若い方にも来てほしい」との思いからはじまったのだそう。

現在は、東京の東武百貨店池袋のイベントに参加が決まるなど「新潟で面白いことをしているお店」として注目度も高くなっています。県内はもちろん、県外からも食べに来てくれるファンが多くいるのがその証拠!

新潟の湿度や季節に合わせた氷の削り方や、人気メニューもバージョンアップして提供するなど本当に「お客さんを喜ばせたい」気持ちが伝わってくるかき氷が提供されています。
かわいいイラスト(ピアスに伊藤家の家紋が入り、髪飾りは五泉市の有名な花牡丹をあしらっている)のファンも多く、書いてくれた東京のイラストレーターさんとのコラボや、かき氷のコラボ商品、かき氷の人気投票など、かき氷だけじゃない様々な楽しい仕掛けがあり、私もハマりそう。

実際に、かき氷を食べに来る人、伊藤さんに会いに来る人、割烹を食べに来る人、グッズ目当てで来る人、いろんな人たちが何度もお店にやってきてくれるそうです♪

胃袋もこころもつかまれるわくわくする割烹のかき氷!

かき氷のおいしさで体は冷えるけど、割烹ならではの上品でやわらかな接客が印象的で心があったかくなりました。

コロナ禍で割烹が存続に悩む中、提供するかき氷が風向きを変えたのだという大女将からの話も聞けて、ほっこり。

歴史ある割烹の新しい挑戦が、人々の胃袋と心をつかみ、それを家族総出で応援している素敵なお店でした。

行ってよかった~♪今度は私も2個オーダーに挑戦してみよっかな!
伊藤屋ごおり

伊藤屋ごおり

住所:五泉市村松甲2169-6
電話:0250-58-6231
営業日&営業時間はSNSでチェックしてください。
定休日:不定休
駐車場:有※商店街の路上駐車は禁止です

この記事を書いた人
さかもとみき

太平洋側生まれ太陽育ち高知のはちきん(高知で気の強い女)が佐渡島の旦那のもとに嫁ぎました。大好きなものは日本酒、苦手なものは雪。佐渡3年、新潟市1年目。スーパーはピアレマート派。二児のママでライター・コラムニストです! ブログ ⇒ 坂本、脱藩中。(http://sakamotodappantyu.com/

PR