見玉不動尊

みだまふどうそん

眼病治癒の逸話が残る秘境秋山郷入口の歴史ある寺院

本尊は、不動明王で天平五年御基一刀三礼の作といわれ、眼病に御利益があります。

仁王門にある金剛力士像は、上半身は筋骨隆々とした裸体、下半身に裳をつけて裾をたくしあげて、手には金剛杵(こんごうしょ)と呼ばれる仏具を持っています。金剛力士像は口が開いているものを阿形(あぎょう)、閉じているものを吽形(うんぎょう)と呼び、いずれも発声する時の口の形によります。

また、本堂へ登る石段に沿う岩石の間を流れ落ちる清水は各所に滝をつくり、境内は真夏でも暑さを感じない自然に恵まれた霊地と言われています。敷地内にはメグスリの木も植えられており、隣接したお土産屋では煎じて飲むことができます。

基本情報

住所新潟県中魚沼郡津南町見玉
交通アクセス●JR飯山線「津南駅」下車、役場前より和山方面行バスで約15分
※バス停留所:見玉
●関越自動車道「塩沢石打IC」または「越後川口IC」より車で約60分
駐車場●普通車:30台
料金無料
備考敷地内には、本堂、仁王門の他、六地蔵やボケ除け観音など見どころ満載

問い合わせ先

問い合わせ先見玉不動尊(正宝院)
電話番号025-765-3886

このスポットの近くでできる体験プラン

湯沢・魚沼エリアの体験プランを探す

このスポットから近い宿泊施設

中越南部(湯沢・十日町・魚沼)エリアの宿泊施設を探す