春日山城跡

かすがやまじょうあと

戦国時代の名将・上杉謙信公の居城として知られる春日山城跡。
国の指定史跡であり、日本百名城にも数えられています。
築城の時期についてはよくわかっていませんが、南北朝時代(約600年前)には既に存在していたようです。ただ、現在見られるような広大な城に整備されるのは後のことで、上杉謙信公・景勝公と堀氏によるものと考えられています。
「城」という字が「土偏」に「成る」と書くように、春日山城はまさに「土の城」であり、複雑な自然の地形を巧みに利用した堅固な城塞は、難攻不落の天下の名城といわれました。
現在も、空堀(からぼり・尾根を掘って作る人工的な凹地)や土塁(どるい・土を盛って作った障壁)、大井戸など山城の特徴が残ります。屋敷や空堀が展開する山の裾野に、延長1.2kmにも及ぶ堀と土塁で総構(そうがまえ・防御のため外周を囲った日本の城郭構造)が築かれている点が大きな特徴です。
(総構散策マップ 総構を歩く)

標高約180mにある本丸跡からは、日本海や頸城平野、それを取り巻く山並みをも一望できます。
また、春日山城跡の中腹には、昭和44年の大河ドラマ「天と地と」放映にあたり制作された、上杉謙信公の銅像があります。
 ※地図には謙信公銅像の位置を表示しています。

春日山城御城印を上越市埋蔵文化財センターで頒布しています。
来城の記念として、城めぐりとともに「御城印」をお楽しみください。

【春日山城 御城印】
頒布場所:上越市埋蔵文化財センター 受付
価  格:300円
※来城の記念にしていただきたいため、郵送での販売はしていません。
※休館の場合はご購入いただけませんのでご注意ください。

基本情報

住所新潟県上越市大字中屋敷ほか
交通アクセスえちごトキめき鉄道・妙高はねうまライン「春日山駅」より徒歩40分(春日山神社・謙信公銅像まで)
頸城バス「中屋敷」下車徒歩20分
頸城バス「春日山荘前」下車徒歩15分
 ※いずれも春日山神社・謙信公銅像まで
北陸自動車道「上越IC」から15分
上信越自動車道「上越高田IC」から20分
駐車場春日山神社下駐車場 30台(無料、大型バス可)
大手道駐車場 10台(無料)
料金無料
備考平成28年7月26日の豪雨による土砂崩れの影響により、二の丸、三の丸(三郎景虎屋敷)方面は進入できません。利用可能な散策ルートは次のとおりです。
【利用可能散策ルート】
●春日山神社~直江屋敷~本丸
●大手道~柿崎和泉守屋敷~上杉景勝屋敷~本丸

問い合わせ先

問い合わせ先025-545-9269(文化行政課) 025-526-5111(観光交流推進課)
関連サイト

このページを見ている人におすすめの記事

このスポットの近くでできる体験プラン

妙高・上越エリアの体験プランを探す

このスポットから近い宿泊施設

上越(上越・妙高・糸魚川)エリアの宿泊施設を探す