毘沙門堂(吉祥山普光寺)

びしゃもんどう(きちじょうざんふこうじ)

毘沙門堂は、約1,200年前に四道将軍坂上田村麿呂により建立(昭和6年炎上、再建)され、守護仏毘沙門天王をまつる。なお、堂内は、日本三大奇祭、裸押合大祭(3月3日)の押合いの場ともなる。

山門は、日光の陽明門を型どったと言われ、総けやき造りで、豪華な彫刻で飾られている。仁王門階下の天井の双龍の図は、江戸下期を代表する絵師谷文晁の力作。また、楼天門天の吉祥天女24枚画(板谷桂舟作)も有名。

基本情報

住所新潟県南魚沼市浦佐2495
交通アクセス最寄り駅からのアクセス/JR上越新幹線「浦佐駅」から徒歩で5分
最寄りICからのアクセス/関越自動車道「大和SIC」から車で10分
駐車場普通車/25台
大型車/3台

問い合わせ先

問い合わせ先普光寺
電話番号025-777-2001

このページを見ている人は、こんなページも見ています

このページを見ている人におすすめの記事

このスポットの近くでできる体験プラン

湯沢・魚沼エリアの体験プランを探す

このスポットから近い宿泊施設

中越南部(湯沢・十日町・魚沼)エリアの宿泊施設を探す