大泉寺観音堂(大清水観音堂)

だいせんじかんのんどう(おおしみずかんのんどう)

日本海を見おろす山上に立つ重要文化財

大泉寺は、日本海を見おろす海抜200メートルの山上にあり、朱鳥元(686)年、泰澄(たいちょう)禅師によって創建されたと伝えられています。
源義家の社参以来、歴代武将の尊崇を受けており、特に戦国時代においては、越後守護上杉房能、越後国主上杉謙信・景勝等が参詣し、武運の長久を祈ったとも伝えられています。

永禄2(1559)年には落雷により焼失しており、現在のお堂は永禄3(1560)年、上杉家によって再建されました。
明治39(1906)年以降、国の重要文化財に指定されています。
お堂内部の右奥には、太さ日本一の「萩の柱」があります。

観音堂とあわせて、銘のある肘木も国の重要文化財に指定されています。

基本情報

住所新潟県柏崎市大字大清水1502
交通アクセス●JR信越本線「米山駅」から徒歩で約55分
●北陸自動車道「米山IC」または「柿崎IC」から車で約20分
駐車場有り(普通車)
備考国指定重要有形文化財(建造物)
※明治39(1906)年4月14日指定

問い合わせ先

問い合わせ先大泉寺観音堂(大清水観音堂)
電話番号0257-26-2379
関連サイト

このページを見ている人におすすめの記事

このスポットの近くでできる体験プラン

長岡・柏崎エリアの体験プランを探す

このスポットから近い宿泊施設

中越北部(長岡・柏崎・小千谷)エリアの宿泊施設を探す