寒九の水汲み

かんくのみずくみ

名水を汲んで、名酒を仕込む。

寒の入りから9日目。雪の積もる「菅名岳」中腹にある通称“どっぱら清水”から湧き出す清水を汲みます。
ここで汲まれた清水は、『清酒 菅名岳』の寒仕込みの仕込水として使用。
なぜ、寒の入りから九日目(寒九)に汲むのかというと、昔からの言い伝えで、「この日に水を汲むと腐らない」「一年で一番水が澄む日」とされているからです。
「自分で汲んだ水が、酒に生まれ変わる!!」これは、参加された皆さんに小さな感動を与えてくれるものと思います。さといも汁の無料配布もあります。
なお、参加者全員に、自分が汲んでできた新酒『寒九の水仕込生原酒』4合瓶一本を発売前にプレゼント。

基本情報

開催期間 2019年1月14日(月曜日)
開催時間 8時30分~13時30分
●8時30分~9時30分:受付(受付後、三五郎山林道車止めまで移動)
●9時30分~12時30分:寒九の水汲み
●12時30分~13時30分:いずみの里へ下山
事前予約要事前申し込み
住所新潟県五泉市中川新1498番地
交通アクセス●JR磐越西線「五泉駅」より車で20分
●磐越自動車道「安田IC」より車で20分
駐車場●普通車:有り
●大型車:無し
料金●寒九の水くみ参加費 1,000円(保険料)

問い合わせ先

問い合わせ先越後泉山会事務局(近藤酒造内)
電話番号0250-43-3187

このスポットの近くでできる体験プラン

新潟・阿賀エリアの体験プランを探す

このスポットから近い宿泊施設

新潟市エリアの宿泊施設を探す