燕背脂ラーメン

つばめせあぶららーめん

燕市の産業を背景に誕生した食文化

麺は伸びにくい腹もちのする極太麺。煮干しなどの魚介類の出汁が効いた、やや濃い醤油味に、丼から湯気が上がらないほどに大量の豚の背油がかけられているので、冷めにくく、まろやかなスープが特徴。長ネギの代わりに玉ネギのみじん切りが薬味として使用される店も多い。また、のせられる背油の量に応じて、「大油」、「中油」とメニューが区別されている店舗もある。

【歴史】
昭和初期、ものづくり・金属洋食器産業が盛んな燕市のラーメンは、工場で残業続きの職工の要望により進化していく。汗をかき働く人にあわせたちょっとしょっぱめのスープに、伸びにくく腹持ちのいい太い麺。また、背油でスープを覆うことで、冷めにくくなり、出前直後でも食べられない職人たちを喜ばせた。更に進化を続ける「燕背油らーめん」は味やこだわりも様々。職人の心が生きる燕のこだわりの食文化である。

基本情報

住所新潟県燕市、三条市他
料金650円~
関連資料 「「燕三条ラーメン王国 お遍路MAP」pdfパンフレット」を見る

問い合わせ先

問い合わせ先燕商工会議所
電話番号0256-63-4116
FAX番号0256-63-8705
関連サイト