旧師団長官舎

きゅうしだんちょうかんしゃ

明治期の木造洋風建築物

明治43年(1910)、旧日本陸軍高田第13師団長、長岡外史中将によって建てられたもので、市内に残る数少ない明治期の和洋折衷の木造建築物です。平成3年(1991)までは自衛隊高田駐屯地の幹部宿舎として使われていましたが、明治の貴重な洋風建築保存のため、市が移築・復原したものです。復原にあたっては、当時の記録に基づいて、外装、内装をはじめ、家具調度品にいたるまで、できるだけ建設当時に近い形で復原されました。

基本情報

住所新潟県上越市大町2-3-30
交通アクセス●上信越自動車道「上越高田IC」より車で10分
駐車場●普通車:5台程度(冬期間:2台程度)
営業時間●営業時間:9時~16時30分
●休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)、祝日の翌日、12月29日~1月3日
※高田城百万人観桜会、夏休み期間中は無休
料金無料
※2階和室を会合などに使う場合は有料(9時~21時)
(1室あたりの使用料:1時間につき100円~)
備考市指定有形文化財
※平成6年1月31日指定

問い合わせ先

問い合わせ先旧師団長官舎
電話番号025-526-5903
関連サイト

このスポットの近くでできる体験プラン

妙高・上越エリアの体験プランを探す

このスポットから近い宿泊施設

上越(上越・妙高・糸魚川)エリアの宿泊施設を探す