真野宮

まのぐう

順徳天皇を奉祀し、菅原道真・日野資朝を配祀してある。

真野宮はもと真輪寺と言い、御火葬塚の直接の管理をしていました。
その後廃仏毀釈により寺僧は神職となり、本堂を改修し宮とし1874年に真野宮と改称しました。
現在の社殿は19209年の竣工で、1942年の700年祭には鳥居、神橋、神門、社務所を新設して参道を広げ神域が拡張されました。
社宝として順徳天皇御遺品と伝える短刀、硯、扇子、釣花生などが残っています。

エリア
佐渡エリア
カテゴリー
神社仏閣
タグ
初詣

基本情報

住所新潟県佐渡市真野655
交通アクセス●両津港より車で約30分
●小木港より車で約40分
駐車場●普通車:有り(無料)
●大型車:有り(無料)
料金無料
備考【市指定有形文化財(建造物)】
●名称:真輪寺一石五輪塔
●指定年月日:平成16年3月1日

【初詣】
例年の参拝者数 約1万人

問い合わせ先

問い合わせ先真野宮
電話番号0259-55-2063

このページを見ている人は、こんなページも見ています

このスポットの関連記事

初詣

このスポットの近くでできる体験プラン

佐渡エリアの体験プランを探す

このスポットから近い宿泊施設

佐渡エリアの宿泊施設を探す