おぢや牛の角突き

おぢやうしのつのつき

1トンもの巨体がぶつかりあう!国指定重要無形民俗文化財「牛の角突き」

新型コロナウイルス感染症対応のため、マスク着用、手指消毒、検温、氏名等記入用紙への記載及び、来場者数に応じた入場制限を行います。なお、今後の状況により対応が変更になる場合があります。

「ヨシター」という勢子の掛声が飛び交い、牛同士がぶつかり合う。迫力満点の牛の角突きは、江戸時代後期の滝沢馬琴が書いた「南総里見八犬伝」に記述があり、地域の伝統行事として長年守り継がれてきました。全国各地の闘牛とは異なり、越後の牛の角突きは原則として引き分けで終わらせます。
その理由は神事であるためとも、闘牛の闘争心を保つためとも言われています。

牛の角突きの様子

基本情報

開催期間 5月~11月/毎月1回開催
※新型ウイルス感染症の影響により、開催が中止・変更になる場合があります。

【2020年開催日程】
5月3日(日曜日・開催中止)
6月7日(日曜日・開催中止)
7月5日(日曜日)
8月14日(金曜日)
9月6日(日曜日)
10月4日(日曜日)
11月1日(日曜日)
開催時間 12時~取組開始
15時頃終了予定
住所新潟県小千谷市小栗山
交通アクセス●JR上越線「小千谷駅」より車で約15分
●関越自動車道「小千谷IC」より車で約20分
●シャトルバス運行あり(片道500円、中学生以下無料)
 行き→11:20イオン小千谷店発…11:30小千谷市総合産業会館サンプラザ発…11:40頃小千谷駅発…11:55闘牛場P着
 帰り→全取り組み終了後、小千谷闘牛場P発(ルートは行きと逆)
駐車場●普通車:有り
●大型バス:有り(事前予約必要)
料金●一般席(屋根なし):1,000円
●特別席(屋根あり):2,000円
(当日券のみの販売)
※中学生以下無料
関連資料 「牛の角突きガイドブック」を見る
備考※雨天決行
※8月場所は地域伝統行事「お盆興行」
※千秋楽は年間の「最優秀角突き牛」、「最優秀勢子」の表彰あり。
※冬季期間を除く、上記以外の日も観光向け闘牛を行うことができます。(取組番数・費用は応相談)

問い合わせ先

問い合わせ先小千谷市観光交流課
電話番号0258-83-3512
FAX番号0258-83-0871
メールアドレスkanko@city.ojiya.niigata.jp
関連サイト

このスポットの関連記事

夏まつり

このスポットの近くでできる体験プラン

長岡・柏崎エリアの体験プランを探す

このスポットから近い宿泊施設

中越北部(長岡・柏崎・小千谷)エリアの宿泊施設を探す